梶浦由記さん・・・kalafina(カラフィナ)ライブ模様

先日、二月三日、娘に連れられてkalafina(カラフィナ)のライブに行って来ました。
娘は以前も書いたように、作曲家梶浦由記さんの大ファンで、
何度もカラオケで聞かされているうちにすっかり覚えてしまいました。
今では私も梶浦さんのユニットFictionJunction(フィクションジャンクション)の隠れ?ファンです。

梶浦さんの最初のライブの時には全く白紙の状態でしたが、
今回はFictionJunctionのメンバーでもある、若菜さんと啓子さんが出るのでとても楽しみでした。
ただ、いつもキーボードとトークで参加する梶浦さんがいないのでそれがすごく残念だったのですが、
若菜さん、啓子さん、ひかるさんが、まるでビジュアル系とは思えないでこぼこトークで、
それがまたとても初々しくて可愛かったです。

そんな彼女達ですが、歌い始めると何か降りてきてるんじゃないかと思う様な歌声で、
透明感に溢れながら時には凄みのある美声のコーラスに酔いしれ、魅せられました。
最初のアップテンポな「プログレッシブ」からもうぐっと来ましたが、
周りがみんな割りとおとなし目なので、ちょっとノッちゃおうかどうしようか迷いましたが、
やっぱりのらないと損じゃないですか。
変ないい歳のオバサンが前の方で・・・(改めて思い出すと恥・・・)
でもでも良いんです。本人が一番楽しかったんだもん!!(もう開き直ってます)

舞台のスクリーンも印象的で、ある時は歌詞が次々と現れては崩れるように消えて行き、
ある時は音楽に合わせて風景が水彩画のように様変わりし、映像を担当されている方のセンスの良さがひと際光っていました。

私としては、いつもCDでばかり聴いていた(一度、先のライブでバックコーラスで拝見した事のある)ひかるさんに今回一番びっくりさせられました。
私が苦手とする癖のある甘い歌声というイメージが強かったのですが、ライブでの彼女の歌声はすごく良かったです。
迫力あるドラマチックな歌声に圧倒されました。
若菜さんの中性的で透明感ある天使の歌声に、啓子さんの伸びのある凄みさえ感じさせる迫力の低音、そこにドラマチックなひかるさんの歌声が、素晴らしいハーモニーを生み出し、
本当にライブにも関わらず何度も目を閉じその楽器のようなハーモニーに体ごと酔いしれてしまいました。

ただ少し残念だったのは、ひとつの曲から次の曲に移る時に何故か一曲ごとに切れている感じがして、今一ノリのテンションが下がってしまう事。これは私だけが感じただけかも知れませんが、もっと全体が流れるようになっていたら、折角の夢見心地な気分がずうっと持続していたのではないでしょうか。

それでも啓子さんの客席への溢れんばかりのファンサービス、しっかり感じた方は多かったのではないでしょうか。お人形さんのように綺麗なのに、客席を一体感に巻き込むあのパワーはとっても素敵です。
若菜さんのルックスとのギャップあるトーク、もっと聞きたかったのですが、やたら照れて今回はあんまり若菜ブシは聞けなかったです(知る人ぞ知る、止まらなくなるサメの話とか)
しかし、特に歌っている時の若菜さんは神秘的で、神々しいまでに綺麗ですね。
そしてひかるさん、話すとめっちゃ天然さんですね。会場から「カワイイ」とうい女性の声しきり。本当に可愛い人だなあと、綺麗系の外見からは想像できない意外な発見でした。

最後に、梶浦さんに会えなかったのが、すご~~~~く残念でした。
欲を言えば、FictionJunctionメンバーの貝田さん、かおりさんにも会いたかったなあ。
[PR]
by _kyo_kyo | 2010-02-07 23:59 | 雑記 | Comments(0)
<< 獣よ 声の記憶 k >>