さくら、さようなら

不思議なもので、前回さくらのことを書いたのですが、
その翌日に息を引き取りました。

長くはないと分かっていたので、他の子達ほどの辛さはありませんでした。
けれど、さくらはあまり可愛がってあげれなかった思い出の方が多くて、
その思いが逆に心を締め付けます。

朝起きたら一匹で冷たくなっていたさくら。
血を吐いて苦しかっただろうけれど何もしてあげることは出来ませんでした。
それでも死ぬ直前まで、みんなの傍に居たがった様に感じます。
亡くなる日の明け方、血の付いたシーツを交換すると、
寝息が安らかになったように感じたので朝までは大丈夫かと思ったのですが、
寂しい一生だったような気がします。

どこかで心のボタンを掛け違えてしまったのでしょう。
それは私達飼い主の責任かも知れません。

さくらは娘のくりの隣に眠っています。
その日だけ雨が上がって、一日良いお天気でした。

我が家には今は一番年上のみゅうだけが残されました。
彼はこの環境に満足しているのか今まで以上にみんなにちやほやされています。

また不思議なもので、養子に出したさくらの娘も危篤との連絡を頂きました。
我が子の様に可愛がって下さっている家族なだけに、本当に心配していましたが、
治療の甲斐なく、その子もお空に帰って行きました。
小さかった時のことをさくらの姿と共に色々と思いだし、
あんなこともあった、こんなこともあったなあと、悲しい気持ちになりました。

さくら、ごめんね、そして有難う。
あなたも私にとっては大切な家族の一員だったのだよ。
そしてきっとずっと忘れないよ。
いつまでも尾をゆらゆらと振りながら甘えていたさくらファミリーの姿が、浮かんでは消えません。
さくら、愛していたよと言っても良いですか。
[PR]
by _kyo_kyo | 2015-09-18 00:57 | 雑記 | Comments(2)
Commented by umih1 at 2015-09-22 08:08
kyokyoさんの気持ちは痛いほどわかります。私も誰にも言えない辛い事や思い出が、以前飼っていた犬に対してあります。
その子の寂しさを感じ、自分を振り返るたび、気持ちがザワザワしてしまう、、、
でも、それが家族なんだって思うようにしてます。全てに満遍なく愛情をかけたりするのは無理だし、極端なことを言えば、それが生きるということかなと。自分は完全ではないんです。
さくらちゃんは、わかってますよ。kyokyoさんは、いいママだったなぁって思ってます(*^_^*)
Commented by _kyo_kyo at 2015-09-26 00:10
うみさん、こんな記事にコメントを有難う。
言葉が上手く繋がりません。
でもうみさんの優しさに感謝します。
良いママでありたかったと思います。

人生は後悔の連続ですね。
誰かが亡くなるたびに、ああしてあげれば良かった、
こうもしてあげたら良かった、そんな後悔が付きまといます。
それが人生ってものなのでしょうね。
最近では「後悔の無い人生なんて決して無い」そう思う様にしています。
自分への言い訳なのかもしれませんが・・・・
<< 夢見るダイヤモンド 18 小さな灯 (愛猫さくらへ) >>