<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

そんなの詰まらないじゃない

現実はとてもクール

そのくせ実にナイーブ

こうあれとか、こうしろとか

御願いだから既成概念で縛り上げないでよ

若い時には見えなかったものが

この歳になると鮮明に見えたり感じたりする

とは言っても幽霊のことなんかじゃないよ

ふあっと雲の中を漂っているような感覚は

ほら天国が近い証拠かな

地獄なんて信じないし

本当は死後の世界も信じちゃいない

それでも人って弱いから

何処かで何かに縋りたくなるものよね

その基準、間違ってない?

頭の中でワンワン警報機作動中

その感覚にさえ笑ってしまう

あれが良くてこれが悪いとか

一概に言わないでよ

人生の醍醐味はまだまだこれから

引っ込み思案でいると

その味知らないまま終わっちゃうよ

そんなの詰まらないじゃない

そんなの寂しすぎるじゃない

笑って大空見上げてごらんよ

朝焼けで空染めるお日様も

吹き殴りで頬打つ雨も

髪吹き上げる突風も

自然はどんな人間にも

えこひいき無しで接してくる

時には優しく

時には残酷に

その無心が好き

私達はこの空の下で息している

どんな状態でもまだ生きている

それをまざまざと知らしめてくれるのは

あなたでもない

君でもない

ましてや自分ですらない

肌刺すように大空から降り注ぐ

変わることの無い

普遍の光
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-29 06:55 | | Comments(2)

再び、小泉吉弘さんw

「ブタのいどころ」小泉吉弘

やっぱり凄い、真理だと思う。

「慰めは 心を眠らせてしまう」
人は優しさに惹かれ、優しさを求めるけれど、
ただ優しいだけではダメなんだ。
本当の優しさって言うのは、結構シビアなものかもしれないよ。
時には憎まれ役でも引き受けられる人が、
本当の優しさを持っているって言えるのだろうな。


「他と比べて得た自信など 偽りだ」
どれだけ出来たか計るのに物差しがあると便利だよね。
でもその物差しさえ自分で探して来たもので、
自分に都合の良い物差しを探していないかな?
自信って言うのは、誰かと比べて生まれるものじゃない。
本当に自分に納得行くかどうかは、勿論自分が一番良く知っているもんね。


「ボクたちは 立ち直れる力を持っている」
「自分を笑えたら 人生は 面白く見えてくる」
泣いて過ごすのも自由だけど、笑って過ごすのも自由、
みんな時自己責任です。
不平不満を言うのも良いよ?
でもさ、そんなこと言ってても、何の問題の解決にも繋がらないんじゃない?
だったらいっそ、毎日を笑って過ごしたい。
言うだけ「わ~~~~~!」って不満ぶちまけたら、
ケロリとして、鼻歌でも歌いながら野菜炒めでも作っちゃおう~♪
もっと自分を信じてやらなかったら可哀想だし、
こいつ、こんなくだらない事でくよくよしてるよ、って
自分を客観視出来るようになりたいもんです、本当に^^;
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-27 04:48 | 好きな言葉(抜粋など) | Comments(0)

初秋

懐かしい声が聞こえて

振り返っても君はいない

君の声が確かに聞こえた

なのに何処にも君はいない


季節は君を置いて

私をも置き去りにして行こうとする

そんな残酷な時の移ろいが好きだ


一人でじっとしていると

懐かしさが溢れて来て

寂しい心をすっぽりと包み込んでしまう

ああ、君の優しさが切ない


私の耳は聞こえない声を聞き

私の目は現実に機能しない

いつも飲むビールが

少し苦く舌を刺した
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-27 04:19 | | Comments(0)

シャボン玉

そっと息を吹き込みながら

壊れないようにと心の中で念じつつ

虹色に光るシャボン玉を膨らまそう


風で割れないように庇いながら

だまになって落ちないように吐く息も加減しながら

少しでも大きくなれと願いつつ

この命を吹き込もう


シャボン玉よ

ふうわりと風に乗り空に舞い上がれ

歌声にびりびりと響けよ

プリズムとなってきらきら歌いながら

大空向かって飛んで行け


その姿追いながら

誰かの笑い声が追いかけて行く

すいすい飛ぶトンボのように

何処までもずっと後を追いかけて行く
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-27 04:04 | | Comments(0)

ごほんごほん

夏風邪を引いてしまい、
ちょっとショックなkyoです。

楽しみにしていた仕事の日に、
穴を空けたのはとっても辛い。
でも39度の熱で厨房入ったら、
みんなに風邪菌ばら撒くだけなので怖いです。

少しじっとして、早く風邪を治します。
ちょこっと布団から起き出してまた引っ込みますが、
娘にも移したようで、ちょっと困ってます。

しかし夢の中では完璧に家事やってたなあ・・・
あれがリアルだったらどんなにか楽か^^;

それでは皆さんも風邪には気をつけて、
お休みなさい・・・(むにゃむにゃ
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-25 03:03 | 呟き | Comments(4)

秋の声

悲しみに閉ざされた目

見開いても、あなたは自分を見ない

心の鍵、硬く閉じて

その奥に誰も踏み入らせない


あなたの心ノックしてその心押し開きたい

一緒に語り合おうよ

もっと色んなこと話そうよ

そう問いかけてみても

声はいつも虚しく風にかき消されてしまう


どんなに呼びかけてもきっと答えは出ない

あなたに問いかけても

きっと何も起きやしない、起せやしない

そのもどかしさと虚しさの綱渡りで

私のマリオネットは宙ぶらりんのままでいる


いつまでこんな風にしたいの

どうしてこんなことするのだろう

きっと分からないところに答えがあるんだ

どこか遠くに答えが潜んでいるんだ


ねえ、そうでしょ

問いかけても答えは返ってはこない

秋の空気が虫の声を含んで少し膨らんだ気がした

じっと暗闇に横たわる私の横で

虫の声が寂しく響いている
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-20 05:26 | | Comments(0)

やばやば・・・(軽く聞き流してw

先日、事故っちゃったよ~

焦ったねえ、あの時は

スーパーの中の敷地をパート帰りに自転車で横切ってる最中の事

一応横断歩道のラインのところを通ったんだけど

自転車で小雨の中、急いでいたのも事実


でも渡りきれるって思ったんだよな

そこが甘いって言われればそれまでなんだけど

そこに、車来るか~?みたいな

実際ははっきり覚えてないもんだね


わ!と思った瞬間

うは、車に突っ込む!

車、傷つけちゃう、どうしよう!だったし

突っ込んだ瞬間は、う~~信じらんない

どうなっちゃうの自分!?ってなもんだし

もしかしたら入院?働けなくなっちゃう?

でもそれより激痛走る左肩に

思わず雨降るアスファルトにうずくまったまま

「う~~~~~」と唸ってのたうちっぱなし


そんな時にゆっくりと来るわけです

「大丈夫ですか」って知らないお兄さんが

世の中の情けってものを噛み締めちゃう訳よ

でもね、実はちょこっと、こわ^^;←内心の声

そのお兄さんのてば、なんか貫禄あって目つき鋭く

顔に傷なんかあって普通の人っぽくなかったんだよね


この人は運転してた人じゃないんだ、と気がつくまでに約3秒

運転してた人は逃げちゃったの??と一瞬とても哀しい気分に陥ること5秒

「済みません、大丈夫ですか!?」と

気の弱そう?な、サラリーマン風ドライバーさんが登場するまでに

安っぽいドラマの主人公気分で色んなことを考えてしまったと言う訳


でも、実は事故ったって言うほどの事じゃなくって

自転車で走ってる車のわき腹目掛けて突っ込んでった形だし(汗

正確には、渡ろうとした私の目の前を車が横切ったの?(自分を正当化したい私です

兎に角、その時は、悪いのは多分全部私なんだろうと思ったのですよ


D「どこか怪我されましたか、大丈夫ですか?」
  ↑
 かなり焦ってたみたい

私「いえいえいえ、済みませんでした!みんな私が悪いんです!」
  ↑
 ひどーく焦ってたみたい^^;

なもんで、一気に謝っちゃいました!

大技出ちゃいましたよ、題して『後が無い大作戦』(謎


いや、幾らアホな私でも先に謝ったほうが負けとか

自分が悪くても決して謝るなとか

世間一般で言われてること位は知ってる訳です

しか~~し、しかしですねえ・・・(言い訳考え中)

言えますか、自分から勝手に突っ込んどいて

無傷で何とも無いのに相手を責めるようなこと?


確かに肩に激痛走りまくりでしたよ、

最初、痛みで声出なかったですよぉ(涙目

でも、これってもともと肩痛かったから^^;

世間で言うところの50肩って奴ですね

それをこっちはあんまり気分的には言いたく無い訳で

しかし言わないことには先方が心配してるから言わなきゃ成らない

見栄張ってる場合か自分!ってなもんです


D「いいえ、こっちもとまらなかったから悪いし」

私「いえいえいえ、私が勝手に突っ込んだから・・・お仕事大丈夫ですか?」

何聞いてるんだ私^^;しかも更に駄目押し・・・

「車に傷つけちゃいませんでしたか!?」

ええっと、結局ここかい!ってなオチです


変なのと関わっちゃったと先方も思ったかもしれないなあ

病院行きますかと言うのを「平気だから」と言い張り

塗装費用出さなくて済んで良かったとホッとし(十分せこいです

やっぱり病院行っとけば後遺症が無いか分かるから確かだったかなと

後で自己嫌悪に一瞬くよくよっとし・・・w

事故った腕がしびれて上がらず不便だなあと思いつつ・・・

そのままスーパーでソフトクリーム食べてました


一応先方の方は電話番号と名前書いてくれましたよ、

何かあったとき、心配だからって

しかし

汚れて真っ黒っけな心の私は

そんな時でも思ちゃったりする訳です

『この電話番号本物かなあ~』なんてw

まあ、嘘書いたらかえって面倒なことになるからしないだろうな

と、今ふと思ったりしとります


その後、肩はそんなに良くはなりませんが、割と快適です

先方の方もきっとホッとしてるでしょう

何しろ会社の車で買い物に来ていたので

これって下手したら解雇にもなりかねなかったかも、ですよね^^;


勿論、肩が普段何とも無くて痛み走ってたら

いくら私でも病院へ連れて行って貰います

娘とか他の人だったらその場で病院へ行きなさいと

無理やり連れて行かせたでしょう

こうして考えるとやっぱ判断誤ったのかな(汗


まあ、そんな感じで昨日も今日も明日も

どうにか自分なりに生きてます


追伸:あれ以来、前よりちょこっと車が怖くなりました~^^;
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-20 01:10 | 呟き | Comments(2)

ドリカムワンダーランド 3 終焉

もう歌の順番も、何を聴いたのかもごちゃごちゃですが、
彼女は兎に角一生懸命走る!

ダンサーと一緒に激しく踊りながらドーム中に響き渡る声で歌い続けるのに、
曲が終わると猛ダッシュでステージへと駆け戻って来る。
駆けると言うようり滑ってるんじゃ無いのかって位、足に羽が生えてましたw
りんと響き渡る彼女の歌声の素晴らしさは勿論、
終始、楽しくて楽しくて堪らないといった様子があちこちに弾けていました。

ステージ前のセンターに一本花道がありますが、
その両脇にも一本づつ、合計三本の花道があるんです。
その両脇の花道の先には小ステージが二つ。
その間を何度も歌い、踊りながら移動し、
しかもわざわざ反対側へまで回って行ったり、
全力疾走する姿はまばゆいくらい輝いていました。

「何度でもラブラブラブ」では客席もステージとなり、
大人も子供も会場中が一体となった感動を貰いました。

愛猫たんたんのテーマソング(個人的に)「君にしか聞こえない」では、
彼とのさまざまな思い出が蘇っては涙が出そうになりました。

「マスカラまつげ」懐かしい思い出の曲、
この曲を何度口ずさみながら自転車飛ばしては仕事帰りに月を見ていたことか。

「決戦は金曜日」これはもっと昔を思い出させる懐かしい曲、
学生時代の遠い思い出が鮮明に蘇ります。

「朝がまた来る」
「嬉しい 楽しい 大好き」
「眼鏡越しの恋」
みんな懐かしい曲ばかり・・・その曲を聴いた時の自分と今の自分、
少しは成長してるかな、心は豊かになったかな、そっと自分へ問いかけてみます。

そして最近とても好きな「プラウドオブユー」
とても素敵な、極上の贈り物を開いた時のような温かな気持を貰える歌です。

「今夜は長いよ~~みんな大丈夫?無理しないでね!」
彼女が弾けた様に笑います。

「遅くなったけどさ、まだまだ歌い足りないんだ!みんな帰りの電車とか大丈夫?」
彼女の声に歓声が湧きます。

「今夜はありがとう、本当に、本当にありがとう。ずうっとこうやってこれたのも、
こうしてワンダーランドを開くことが出来るのも、本当にみんなのお陰です、ありがとう!」
彼女が涙ぐみます。

やがて全ての舞台が終わり、
出演者が一人一人彼女に名前を呼ばれ、
歓声や拍手と共に消えて行きます。

最後に残った美和ちゃんとマサさんが、
にっこりとさよならの挨拶を終えくるりと後ろを向き、
がっしり肩組んでステージを後に歩き始めます。

お揃いのパーカー姿の二人の背中には、
「ド」と「り」の文字が仲良く並んでいました。
いつまでも、嬉しい、楽しい、大好きな二人。


素敵な舞台を有難う御座いました。
ドリのお二人へ言葉に出来ない感謝を込めて。
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-11 00:03 | 雑記 | Comments(0)

ドリカムワンダーランド 2

ここからは、
もし、これからドリのライブ行く人がいたら、
ネタバレになるかも、なので読まない方が多分感動すると思います。
とは言え私のことなので、記憶はめっちゃ曖昧です^^;


コンサートが始まるまでのかなりの間、
ラジオのアナウンサーの方がお喋りで間を繋いで、
その合間に「ジェット」(英語の題名も私はみんなカタカナ)のPVや
「大阪ラバーズ」のPVも流れて、かなり楽しく時間を潰せました。
抽選で選ばれた人達は、舞台に上がって色々見学で楽しそうだったし、
ドリ人形というような着ぐるみもいたなあ。
これもみんなファンの人達の要望から生まれたんだそうです。
段々興奮すると記憶が飛びます(謎

白いドレスの衣装でロングヘアの美和ちゃんが現れると会場は一気に盛り上がります。
ライトが消えると客のそれぞれが販売部で買った蛍光ライトのステッキをパキンと折って、
蛍光グリーンとイエローの光の波が会場を埋め尽くし、とても幻想的な風景です。
しかし、ドレッシーな彼女はとても素敵でした。
ロングヘアーをたらしてって、あまりコンサート風景で見たこと無かったから意外!
素敵だったなあ・・・(ちなみに私はベリーショート^^;

2000人だったかな?の一般オーデションの中から選ばれた、
バッキングコーラスのお二人はやっぱり本格的な実力派でした。
男の方はかなり有名な方なのじゃないかな?ものすごい声量に圧倒されましたもん。
女性の方も売り出し中みたいで、スタイルも良くて長い髪のカッコいい人。
なのにやはり声量がすごい。

そんな中、美和ちゃんがいきなり客席の空中に出現!!
正確には、気球みたいなバルーンに吊り下がる形と思うのですが、
いきなり私達のいた反対側、客席の右空中で歌い始めます。
その時は黒いラメの入ったドレスで、
空中に上がると裾が長く揺らめいてまるで妖精のよう。

「5階までちゃんと分かるように歌うからね!」と
彼女が最初に言っていた意味がやっと分かりました^^

歌い続ける彼女はそのまま空中を移動して、
な、なんと私達のいる二階席のまん前に到着。
私は前から9列目ってことじゃないですか!!
まるでアリーナだね~~(ひやっほ~~~~い!!!
本当に、滅茶苦茶ラッキーでした^^

彼女が定位置に到着すると、下でスタッフの人達が忙しく動いたかと思うと、
一瞬で、二階席の高さにステージが出現してその早業にもびっくり。
彼女は全ての人に自分の歌う姿が見えるようにと、
とても気を使っていたのが良く分かりましたよ。

目の前で歌われる「優しいキスをして」に聞き惚れてしまいました。
この歌は、最初聞いた時はドリカムにしては暗いなあと、ちょっと敬遠気味だったのですが、
松本清張原作の「砂の器」のテーマソングで、ドラマで見てから聞くと、ぐっと来ました。
目の前で、切々と歌う美和ちゃんは40代とは思えない健康的な美しさで、
年齢を感じさせない、というのかな・・・とにかく素敵でした。

歌い終わると、しゅーっと空気が抜けるように舞台がしぼんで、
見る見るうちに彼女の姿が沈んで行きます。
今度は隠れている間にステージに移動かな?と思っていると、
いきなり台の中から彼女が出てきて、今度は派手なオレンジのミニドレスに着替えてました^^

そのまま歌は確か「サンシャイン」
これはPV作成の模様を見ましたが、
本当に真夏の日差しが激しい中、
長袖で笑顔の中村さん、ご苦労様です^^;
爽やかな笑顔の美和ちゃんも本当に暑い中歌ってましたね。

「大阪ラバーズ」は、やっぱり「名古屋ラバーズ」になっていたけど、
私としては、やっぱり大阪ラバーズのままで良かったんです。
彼女が最初に書いた歌詞をそのままのが良かったかな。

でも、ファンを思う気持は痛いほど伝わって来て、
きっとそれぞれの土地に合わせて、全て「ご当地ラバーズ」に彼女は書き換えたんだろうなあ。
それに合わせてスクリーンには名古屋城が映ったりして、凝ってるね^^

中村さんもMCは少ないけど、とにかく可笑しかった!
笑顔はテレビで見てるあの笑顔のまんまだし、流石陰でドリを支えている陰番長w
「兄貴!」と度々男性からの掛け声も微笑ましいです^^
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-10 22:21 | 雑記 | Comments(0)

ドリカムワンダーランド 1

初めて行ってきました^^

「夢よ何でもかなってしまえ」って副題がついてるのですが、
それって、そのまんまドリの名前じゃないですか~~
まあ、良いけどw

娘は今回参加出来なかったので、
私一人での参加となりました~~
はっきり言って一人はかなり「いや」です。。

大分今回は見送ろうかと思ったのですが、
このままだと四年後のワンダーランドまで生きてるか分かんないし~~(オイオイ
折角娘が「行っておいでよ、そんなに好きなんだから」と言ってくれたし
(後で「どうせ私は行けないから関係ないし~~」とか若干冷たい空気を感じましたが・・・

B'zのコンサートは経験ありますが、客層が全く違いますね。
はっきり言って、B'zのファンは気合入ってる分、かなりコワイです^^;
でも、ドリのファンは割りとのほほんとしか感じの方が多くて、
服装もラフだし、ゆったりと楽しめる感じでした。

先ず、娘にお土産に頼まれた限定Tシャツを買いに販売部へ。
これは外でしか販売されてませんでした。
会場によってはすぐ売り切れになったそうですが、
私の行った時間が早かったからか、配色がここのは今一と思われたのか、
はたまた土地柄みんながケチなのかwちゃんとゲット出来ました^^
ついでに、普通の紺のも可愛いなあと・・・買いましたよ。

気がつくと、結構買っていて・・・ダメジャン自分って感じです。
お土産売り場にはいつも弱いのが、ここでも威力を発揮しました(汗
[PR]
by _kyo_kyo | 2007-09-10 19:12 | 雑記 | Comments(2)