<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

入院してしまいました

急遽入院で焦っても声がでない動けない…
強制的に個室にされたのでこっそり携帯から。
暫くブログお休みします。
[PR]
by _kyo_kyo | 2008-04-19 17:58 | 呟き | Comments(8)

矛盾

遥か遠く私達の未来が

やがて過去を振り返ったとき

今の私達の有様を見て

驚いたり、呆れたり、苦笑いしたりするのかも知れないな


今の私達の当たり前や常識が

遠い先の未来でもそのままだなんて言えないし

だからこそ、やっぱり人間なんだって思う

内に並々ならぬ矛盾を抱えた臆病な生き物よ
[PR]
by _kyo_kyo | 2008-04-15 21:04 | 呟き | Comments(2)

弾む心と揺れる想い

悲しみは風船に閉じ込めて

大空に向って解き放ってしまおう

青い空いっぱいに皆の放った風船が

ゆらゆらと揺れながら大空を駆け巡って行く
[PR]
by _kyo_kyo | 2008-04-10 22:28 | 呟き | Comments(0)

カメレオンの憂鬱

日々目まぐるしく変わる世間と

同時進行で色を変える己の感情を抱え

石ころの様に些細な雑事が山のように行く手を妨げ

その山をただ黙々と乗り越えることにだけ懸命で

気がつけばもうこんなに進んで来たんだ


その労力を距離で推し量ることはとても難しい

だってただ前へ進むばかりじゃなく

その度に色を変え息を潜めてじっと伏せ

一歩後退もあれば、勿論ずっとこのままもあったんだ


そうしてここまで来れたことを少し不思議に思いながら

この場所で溜息をまた一つついて

他者を羨んだり乗り越えて行く自分ではいられないと思うのだ


それが他者から見たら何の進歩でも無いとしても

実際に唯の後退にしか過ぎないとしても

人の幸せをなんの邪心も無く素直に喜び

妬み心など生やさない自分でありたいと願っている


そうしてこの石の色に変化しながら

誰の目にも留まらないまま生きて行くんだ

それを少しだけ寂しいと感じてしまう

唯それだけのことなんだ
[PR]
by _kyo_kyo | 2008-04-10 22:24 | | Comments(0)

桜さくら

花びらの絶えることなく舞い落ちる桜並木を

時折見上げながら歩くのが好きなのだ


花びらの風に顔をぶわっと吹かれながら

はらはらと散りゆく花びらを

髪に肩に感じたりするのが好きなのだ


目の前の道路一面

我先にと散り急ぐ桜の花びらでいっぱいになりながら

あちこちにピンクの濃淡が出来るのを見るのが

何故かとっても好きなのだ
[PR]
by _kyo_kyo | 2008-04-06 02:43 | 呟き | Comments(0)

転職について

今の仕事を当分は辞めないと言いましたが、
私のことを心配した友人から、
急遽欠員が出たからと違う仕事を紹介され、
随分迷いましたが、これも何かの縁と取りあえず面接だけでもと受けてみることに。

電話すると、他にも何人か応募があり、、
オープンの4月1日から即働ける人が欲しいとのこと。
私は今の仕事があるので、早くても月半ばまでは無理なので、
万が一、他の方に決まらなかった場合だけ面接して頂けることに・・・(ドキドキ)

数日後、面接をしたいと連絡がありそれだけで有り難かったです^^
会わないで断られるよりは、同じダメでも会って貰えるだけ断然テンションが違いますね。

それでもまだ気持は揺れて、
今の仕事も本当は辞めたくないから決まったらどうしよう
(断られるかも知れないくせにね^^;)

でもでも、どうしても今の職場では前のように毎日が楽しめない。
笑顔、忘れてるぞ自分!って思って、ダメダメって自分を諌めることが何度も。
どんなに疲れてても、以前は笑顔を絶やさないで来れたのになあ。

新店長に変わってから手の症状が悪化して、
夜中に激痛で何度か目が醒めるようになったので、
その点でも、もはや無理かなあとも。
浮腫みと痺れで感覚のなくなった指で仕事をするのはかなり無理があり、
趣味のアクセサリー作りどころか、家事に多大な支障がTT
これ以上悪化させない為にも転職を考えざるを得ない羽目に。
この文を打つのもかなり辛い状態です。

収入もかなり不安定で、月によっては倍も差があるので、
そんなに金額は多くなくても安定した収入が得られる方が良いし、
人を減らされたので短時間勤務でもかなり中身がハードになってしまい、
今までなんとか間に合った仕事が時間内にどうしても間に合わない。
その分、後を引き継いだ人達に負担を掛けさせてしまうことにも。

開始準備は一通りできる様になったので、夜の終い作業まできっちり経験してみたかったし、
仕事の全体の流れが分かるようになったら、もう少し考えて動けるようになるかな、
とも思っていたのだけれどなぁ。
今の店長ははっきり言って人の使い方が、かなり下手です。
そんなに私が必要なら、もっと普段にも仕事入れてくれたら良かったのに。

忙しいシーズンになると休日があっても無いのと同じで、
何度も電話があって呼び出される。
当日、忙しければロングやダブル(流石に主婦の私には無理)を頼まれ、
暇な時には逆に何時間か前に早く帰される。

これではシフトがあっても無意味で、収入の予定が立てられない。
店長、若いせいかみんなの生活のことまで考えてないよなあ・・・
そんなだから辞める人が激増しちゃうんだってば。

しかし、前のラーメン屋の店長は365日休み無しだったし、
親会社が変わって今は休みが取れる様になりました^^;(よかったぁ~
本当に、飲食店というのは何処も過酷労働だなあと実感してます。

新しい仕事は、面接に行ってその日のうちに電話で採用決定されました。
面接の手ごたえはかなり良かったけれど、
もっと良い人がいるんじゃないかなと、実際は断られても仕方ないと思っていました。
電話で、是非御願いしますって言われた時にはやっぱり凄く嬉しかった!

後少しで新しい仕事に変わるけど、
8日までは前の仕事も休み取ってるので(申請した時には辞める気無かったから^^;)
その間、のんびり(?)しております。

唯、みんなとのお別れはとっても辛い。
反対に、私を嫌ってた人とのお別れは、なんか負けたみたいで悔しいぞTT
でも、辞めると決めてからはとっても心が軽くなりました。
毎日すごいストレス感じながら働いていて、
何とか笑顔で乗り切っていたけど、どうしてもそれも無理なこともある。

ただ、悔いが無い訳じゃあない。
人とはいつかきっと分かり合える、それが私の信念?だから、
最初私を嫌って挨拶もしてくれなかったベテランの人が、
途中から優しくなって来たのを感じたし、
怖いような厳しい人が何気に温かい言葉掛けてくれるようになって凄く嬉しかった。
私は雑談とかは苦手だけど、
みんなともっともっと一緒に働きたかった。

友達になれそうな人とも知り合ったばかりで、
ああ、さよならは残念だなあと思う。

私がいなくなっても店は回っていく。
他の人がいなくなっても店が回って行った様に。
私がいなくなったことに皆は気がつかないかも知れない。
でも、私はみんなの優しさや思いやりを忘れない。


ってことで、明日東京まで娘に付き合って、
梶浦由記さんのライブ行って来まふw
[PR]
by _kyo_kyo | 2008-04-04 10:28 | 自己紹介 | Comments(6)