<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新型インフルエンザ

巷ではマスクが無いと人が騒ぎ、
バスや電車ではマスクをして下さいとアナウンスが流れる。

そんなパニック状態も少しだけ落ち着いたかな?
一時は魔女狩りみたいな騒ぎでしたもんね~
日本は過剰に騒ぎすぎっていうのはやっぱり事実なんじゃないでしょうか。
そりゃ大事をとった方が良いのは当たり前だけど、
何だかあまりにもね~~^^;

お客さんに一々マスクの説明するのも大変だったなあ。
今でも生産は追いついてない様で、店には一個もありません。
ヘルプで行ってる店には、すんごくごついマスクの在庫がありますが、
皆さん、それを見ると
「あ、いらない」
と二の足を踏まれる(笑)

アメリカ製の鳥の嘴みたいな形で、頭から掛ける様になってる奴です。
対インフルエンザ用なんだそうですよ~
本当ならこちらのが効果はあると思うんだけどね♪

そんな中、私も風邪を引いちゃってしんどい。
本当は出勤しちゃいけないんだろうけど、
人手不足の折、そんな事も言ってられない、ってば。
実際、熱も無いんだし、普段だったらこんな風邪くらいで休むなんて考えられないよ。
診察を待つ間も、ゴホンゴホンと咳き込むと周りの視線が心なしか痛い。

(私、違いますから、、全く熱も無いし、唯の風邪よ~~汗、汗)
と心の中で言い訳しまくりでした。
ああ、嫌な世の中になったわぁ(涙)
[PR]
by _kyo_kyo | 2009-05-30 18:41 | 雑記 | Comments(8)

鏡の世界

指を絡め

腕を引き寄せ

頬を寄せたまま

鏡の世界を覗こう


ずっとここにいるのに

氷のように冷たい世界

この声は一体何処へ届くの

振り返ったらそこに何が見えるの


ねえ こんなに冷たく青い世界で

うなされた様に君は誰の名前を呟く

取り憑かれた様に君は何の名前を呟く


すり寄せる頬は熱く

鏡の世界で微熱を持って

気絶しそうな意識だけが

ちりちりと音を立てて燃えている

青い炎を立てながら

ずっと燃え続けている
[PR]
by _kyo_kyo | 2009-05-25 21:45 | | Comments(0)

同じような夜に

いつもと同じように夜が更けてゆくから

大切なものを失わないように

深い闇に包まれたまま

小さな声でおまじないをする

闇の中でもがく魂の数だけ

空に輝く星のあることを信じて

そっとくちびるを噛み締めてみる

心の底を覗き込む様な闇に晒され

それでも尚夜はベルベットの様に心地良い

この儚い夜に乾杯

闇に抗う魂に乾杯

夜を愛する全ての心に

惜しみのないキスを
[PR]
by _kyo_kyo | 2009-05-19 01:56 | | Comments(2)

一ミリも無い

後ろ手にカーテンをさっと閉ざし

現実からこの身をするりと引き剥がし

そうやって自分だけは安全圏へと逃れたつもりでいる


傷つきたく無いから

逆に誰かを傷つけてしまう

本当は自分が一番傷つく癖に

それでもまだちっぽけな自己主張を止められない


他人の痛みにはお構い無しなのに

自分が傷つくと大声でがなりたてる

そうやって 人はいつも醜いものなんだと

いつの間にか批判ばかりやたらと上手くなる


刺々しい心を持て余しながら

そんな自分はシャボン玉のように脆いなんて

誰に信じさせようと言うのだろう

世界はいつでも自分にだけ都合良く廻っていて

自分に害を為すモノはこの世に必要無いなんて

どうして信じることが出来るのだろう


どんな物語にも始まりがある様に

無造作に摘み取られるほんの小さな命にも

やっぱりプロローグがあったんだ

どんな理由をつけたって

摘み取っても良い命なんて何処にも無い

消えてしまって良い存在なんて

本当に一ミリも無い
[PR]
by _kyo_kyo | 2009-05-18 21:03 | | Comments(0)

地球のほんの片隅で

暗闇に取り残された心を

ロウソクの灯が見つめていた

不安に駆り立てられた心を

風がそっと引き戻した


意味も無く叫び出すその声を

鳥のさえずりがかき消して行った

苦しさに耐え切れず漏れる声に

虫の音がハミングを重ねた


儚く消えて行く命の瞬きを

星がずっと数えていた

夜空に煌く星の最後の溜息さえ

そっくり月が包み込んでいる

そんな月を私が見ている

そんな私を月が見ている
[PR]
by _kyo_kyo | 2009-05-15 01:49 | | Comments(0)

今頃だけど、doaって?

B'zのサポートメンバーの二人の他に一名ボーカルが加わって、
バラードからロックまで幅広く手がけるグループ。
今までB'zは好きだけど、そこまでは・・・と天邪鬼してdoaの曲はあまりきちんと聴いてなかった。
じっくりと聴かせるバラードの、語りかけるような詩のメッセージが好き。

「心のリズム飛び散るバタフライ」
http://www.youtube.com/watch?v=k9YrrhvqGXA

メロディーのきれいな繊細な曲。じっくり聴き入ってしまった。
誰かに例えるのは失礼かもしれないけれど、何となく福山雅治に声質が似ている。

http://www.youtube.com/watch?v=uAlmWo4hBC8&feature=related
↑同曲のこちらはトーク無しの方

「白の呪文」
http://www.youtube.com/watch?v=_NfHZkmsgN4&feature=related

アニメのエンディング曲。
スピード感があってめちゃカッコ良い!特にハモリがすごく素敵。
やっぱ、こういうロックって好きだなあ。何か、元気貰えるんだよね~
(ちなみに残念ながらこのアニメは全く知らない)

ってことで、また好きな歌手が増えてしまったw
嬉しいなあ。
[PR]
by _kyo_kyo | 2009-05-10 19:36 | 雑記 | Comments(0)

雨粒の中で

落ちてくる

言葉がぽつんと落ちてくる

雨粒のように

いきなり何の前触れも無く

にわか雨が降るように

言葉が天から降ってくる

その雨に打たれると

ただそれだけで

言葉の海が広がって

心は雨粒の海を泳ぐ魚になって

何処までも自由に行くことができるのだ
[PR]
by _kyo_kyo | 2009-05-08 23:43 | | Comments(4)