<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

evergreen(いのちの唄声)   CROSS CLOVER

久しぶりに昔買ったCDを整理しながら好きな曲を聴いてみる。
やはり文字だけで感じたままを伝えるのは難しい。


「空は風を抱いて 風は草木を揺らして 

草木は鳥達に優しく語り始めた 

命の唄 命の音 命の声」  evergreen(いのちの唄声)   by CROSS CLOVER


これはいつも絶えず感じることで、文字だけで表現することへの限界を感じる。
そう言えば、ずっと昔漫画家の萩尾望都が
「絵だけでこの感じをどこまで表現できるか」
という試みを友人とやったそうで、やはり絵だけで表現できる事には限界があるという事を書いていた。
あれだけ画力を備えた天才的な漫画家でもそうなのかと納得した覚えがある。
尤も、あれから何十年も経った今の彼女ならば、
本当に、表現し難い様な感覚ですらも表せるのではないかと思う。

氷川きよしという演歌歌手が、違ったジャンルの歌を歌うのはとても素敵だ。
またどんな形でも良いから、こういったユニットを組んでくれないかなあ。
今、演歌歌手の坂本冬美がビリーバンバンの歌を歌ってヒットしているが、
以前、今は亡き忌野清志郎や細野晴臣と、HISというグループを作って自由に歌っていたのを思い出す。
なんだか今度は忌野清志郎を偲んでHISの「日本の人」というCDも聴きたくなってしまう。



*evergreen(いのちの唄声)(2004年6月9日)日本赤十字社イメージソング

同じ事務所に所属するKIYOSHI(氷川きよし)、ビリケン、FANATIC◇CRISISというジャンルの違う3組のアーティストが結成したスペシャルユニット。
ファースト・シングル。表題曲は、大らかでフォーキーなメロディ・ラインと温かい愛にあふれたメッセージが融合したナンバー。

本作はチャリティーCDとして発表(売上の一部を日本赤十字社に寄付)
コロムビア盤(KHCO-3402)同時発売。 
(C)RS Disk1
1.evergreen(いのちの歌声)
2.evergreen(いのちの歌声)feat.KIYOSHI
3.evergreen(いのちの歌声)feat.ビリケン
4.evergreen(いのちの歌声)feat.FANATIC◇CRISIS(Acoustic Version)
[PR]
by _kyo_kyo | 2010-05-05 04:41 | 好きな言葉(抜粋など) | Comments(2)

春の匂い

流れていく 春の匂いが

柔らかで 大人しやかな

優しい空気が そっと流れていく

その何気無い 日常


記憶の奥底にしゃがみ込み

眠っていた想い出が

鮮やかな色を帯びて 

再び甦って来る

どこにでも ありそうな

ささやかな幸せ


当たり前の様に暮らしながら

知らず知らずの内に甘受している奇跡を

どれだけの人が 知るだろう 

涙が零れるような

奇跡の積み重ねと思うのだろう


幸せな毎日は 

絵に描いたようには訪れはしない

人の痛みが同じように胸に刺さって感じられるのは

遠い昔に刺さった棘を抜いた記憶があったから


些細ないざこざを

ただ詰まらないと言い切れるのは

小さな器のこの中で

今もずっと辿る

失われた過去の記憶と 

流れるように匂う春の香りのせい
[PR]
by _kyo_kyo | 2010-05-04 11:10 | | Comments(2)

贖い

人生が二度あれば

人は誰でもそう思い

やり直せるものならば

今度こそ悔いの残らない一生を送るのにと

幾度となく言い訳のように思うだろう


次はもっと今よりずっと上手く

誰にも誹られる事なく

生き遂せてやれるのにと

自分に言い聞かせるように思うだろう


毎日のその日その日を

流されるように生きながら

ほんの些細な失敗ですら

自分じゃない誰かのせいにしたがっている


人生が二度無いように

今の人生も他でもない自分自身の

歩んできた結果なのに

全てを誰かのせいにして逃げ道を探している


弱いだけの自分を認めようとせずに

もう一度生き直せたなら

もっと立派な自分があるのだと

何処かで言い訳を探しながら

今の自分を何とか取り繕っている


その傍から ほら

隠しようのない綻びが

ちらちらと見え隠れしている
[PR]
by _kyo_kyo | 2010-05-04 02:04 | | Comments(0)