<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

携帯サイトの罠

最近良くやるのは、宣伝ではないですが
モOOーの無料携帯ゲームです。
課金は絶対嫌だから、そういうのを煽るものには手は出しませんし、
本来飽きっぽいので、きっとそんなに同じゲームは続かないと思うのですが、
暇つぶしには丁度良いです。

ずっと以前に有料の携帯日記(エキサイト)にいた時は、
仲の良い方達とお別れするのが辛かったのと、
他人様と関わるとやたら揉め事が多い!
自分の恋愛を事細かく綴る女性って多いですよね。

普通の恋愛なら全く問題ないのですが、
問題のある恋愛をされている方ほどやたら饒舌になる。
リアルでもそういう方、職場に居たので、
ましてやバーチャルな世界、饒舌になるなと言っても無駄でしょうが。

それを無駄な位叩く輩も必ずいて、揉めるわ揉めるわで、
それはそれは凄まじい団子状態に。
叩く方は自分は絶対に正しいと思っているから、
それはそれで問題あると思いますよ、余りにも執拗で(汗)

精神的にも参るし、見てるだけでもほとほと嫌になりまして、
辞める際、詩の好きそうな一部の方にはここの存在をお知らせしましたが、
恐らく今では誰も来ていないと思います。
私も殆ど自分からは働きかけない人間なもので。

顔も知らない人達が、仲間と言い切ることの恐ろしさ。
これは以前ここにもちょっとだけ書いたのですが
同じ携帯サイトの「カイコミュ」(ヤフー、インデックス、コネクトテクノロジーズの
3社が共同で開設した、口コミ(利用者の声)を活用したケータイ用通販ショッピングサイト)
簡単に説明すると、商品の評価を書き込んで、他人の評価を見て、欲しい商品には応募するという懸賞サイト。
そこで余りにも酷い集団暴走を見てしまい、あのショックは大きかったです。

常識ある、と思われた方たちが、
自分達の欲望の為ならば、何をしても正当であると言い張る事の愚かさと恐ろしさ。

彼ら(男女)がサイトを閉鎖に追いやったのではとしか思えない、
余りにもエゴイスティックな権利主張の数々と、
サイトの閉鎖が決まった時に、報復措置と言いながら行った、
常軌を逸した18禁画像の大量アップの行動。
そのサイトには多数未成年者も参加していましたが、そんなことは全く眼中に無いようでした。

彼らは自分達でそれを素晴らしいことと賞賛し、私の怒りが全く理解出来ないようでした。
どうして事前に仲間内で誰も止める人が居なかったのか・・・
はっきり言って彼らの住所氏名はサイトに全て管理されている訳ですから、
訴えられても当然な行為なのに、良い大人が余りにも愚かじゃありませんか。
彼らはサイトの閉鎖後、仲間だからと全員仲良くGのつく携帯ゲームサイトへ移って行きました。

私としては彼等のいない所で無料ゲームのできるのが一番。
コミュニケーションは二の次で、といっても挨拶交わすのはちょっと楽しいのですが、
普通に会話していた方達が、
顔がばれないからと言うだけで、あんな風に変われることの恐ろしさ。
そういうのを目の当りにしてしまうと、他者とコミュニケーションしながらもどこか醒めた自分がいます。
まあ、それ位で丁度良いのだろうと思いますが。

唯、あのサイトを一生懸命運営していたスタッフの方々が気の毒でなりません。
運営当初の頃は、実際に色々な企画を練るスタッフの方達の声が聞けて、
とてもアットホームな感じのする良いサイトだったのです。

今更なんでこんな日記を書いたのか、
自分でも良く分かりませんが、
多分まだその時の事を許せないのだと思います。

そして、携帯の無料サイトで老若男女皆が遊ぶ現在、
身近になった分、もっとバーチャルな世界の恐ろしさを
皆に知って貰いたかったからかも知れません。
[PR]
by _kyo_kyo | 2010-10-22 07:09 | 雑記 | Comments(5)

大切な贈り物

響きながら

歌いながら

静かな空間が

両腕に抱えきれぬ程の

花束で埋め尽くされるように

美しいメロディーで

埋め尽くされていく


夢は破れ

人は家路を

足を引きずるように

電車に揺られ

心乱れ

今日もまた同じ道


瞼閉じて

明りを消して

唯ぼんやりと

寂しさを友として

ゆっくりと

語り合う

そんな夜更け


誰もいない

知ってるものは

誰一人としていない

そんな世界で

想いは重なり

小さな小さな

宇宙の夢を見る


心の奥には魔が潜み

いつ何時

牙を剥いて

襲い掛かって来るだろう


魔を飼い慣らし

惰性に流れ

日常と言う凡庸に

流れるもまた人生


人の心は

誰にも推し量れず

それなのに

外見で全てを見繕ってしまう

それは己の未熟さ


愛していますか

今の自分を

信じていますか

自分の力を


大切にしていますか

何よりも

かけがえの無い

ただ一度の

自分の人生を


どうか

悔いの無い人生を

贈って下さい

人と比べる事無く

自分の人生を

きちんと見つめて下さい


唯一度の

あなただけの

スペシャルな人生

大切な

一度きりの贈り物
[PR]
by _kyo_kyo | 2010-10-19 03:58 | 呟き | Comments(4)

金と銀の翼

右の翼には金色の

左の翼には銀色の翼があり

天使のように何処までも

飛んで行けるのだと信じていた

それが若さ故の傲慢さなどと

露ほども疑いもせずに


若さの大切さを

信じない人がいる

若さの美しさを

理解しない人がいる

もう若くもない私は

借り物の翼をつけ

何処まで飛んで行けるだろう

いつかあなたの所にまで

愛の言葉を届けに行く事ができるだろうか


花が散る様に

ひとつの命が散る

声も立てずに

静かに息絶えるものがいる


死は初まりと同時に既に始まり

じっと影のように私達を監視している

ただ静かに己の懐へと

また私達の返って来るのを待っている

ただそれだけのことなのに

どうしてこんなにも死は理不尽で

やるせない気持ちを呼び覚ますのか


どんな翼でも良い

まだまだ飛べるんだと

死ぬ日まで言い続けたい

古びて鈍色になった翼を

後生大事に小脇に抱え

いつでも私は羽ばたけると

ずっと信じ続けたい
[PR]
by _kyo_kyo | 2010-10-19 03:35 | | Comments(0)

早起き鳥

時を閉じ込めて

一番美しかった時代へ行こう

時を閉じ込めて

螺旋のようにその回廊を辿ろう


あなたは言った

変わらない物など何一つ無いと

私は頷いた

変わらぬ物のある事を

知ってはいたのだけれど


あれから月日は巡り

私達は変わらぬ時空の螺旋を辿る


目蓋が重く息苦しい朝に

早起き鳥の声が

一際高く響くのを聴く時

私達は共に

懐かしさと

淋しさの内に

優しさの加わった事を知る
[PR]
by _kyo_kyo | 2010-10-17 02:11 | | Comments(2)