<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

心は輝いているのか

突き抜けるような寒い風に

ぐっと背中押された

降り止まぬ大粒の雨が

傘の上で唄う


インチキじゃない自分に出会いたくって

ひとつの道を進んだけれど

何処までも続く道のりに挫けそうになり

この手も指も もうあの頃のように綺麗じゃない

綺麗なんかじゃない


それならば心は 

透き通ったオパールの様に輝いているのか

心は 穢れなく美しいままか

私の心は ひび割れてはいないか


幾多の経験と共に手に入れたものは

知恵と忍耐

そして狡猾と 無数の傷痕


人はよく 過去を振り返り 

こんな筈じゃなかったとか

もう一度人生をやり直せたならばと呟くけれど

それはきっと自分への言い訳と甘え

そうやって言い訳を繰り返しながら

夢想の中で今の自分を慰めている


けれどきっとまだ遅くはないんだ

どれだけ時が経とうと

どれだけ想い描いた自分と

今の自分に隔たりがあろうと

汚れた指にもきらり輝く指輪がある

自分だけのスペシャルがきっとあるのだから

そう思えばこの掌のひび割れた

傷のひとつひとつですら愛おしい


どんな自分でも受け入れて

そうしてもう一度進み出す勇気を蓄えよう

前を指す指に輝くのは

誰もが持つ 

特別な力を秘めた光
[PR]
by _kyo_kyo | 2012-03-28 03:12 | | Comments(2)

カラー

イエロー

ブラック

レッド

ホワイト

どの色が好き?


明日儚くなるかも知れないこの世界で

誰かが誰かを罵っている

傷つけている

今この瞬間にも 

命が絶たれようとしている


降り積もる灰の中で

私達は皆 全て灰色に染まり往く

そんな事もないがしろのまま平和を説くの?

あなたはいつもの様に灰人形とベットイン

口づける唇からは拭い切れない死の匂いがする

接吻でグレーに染まる口のまま平気で平和を説くの?

未来の見えぬ真っ暗な世界の真ん中で

声を大にしてパホーマンスして見せる?


死にゆく灰色の顔を拭きながら

本当は何色なのか確かめ合っている

世の中を罵っている


不思議なものね

違う色だと言っては殺し合い

同じ色なのに憎み合い

ずっとそれの繰り返し


私達の住む世界に

平和 という単語は存在しない

きっと永遠に 存在はしない
[PR]
by _kyo_kyo | 2012-03-12 00:08 | | Comments(7)

生きる

夢を見ていた

それは儚い夢だった

夢を描いた

それは多分あまりにもちっぽけな夢だった


過去から押し寄せる追憶の念に

背中から押しつぶされそうになりながら

それでもまだ前へ踏み出そうとする

その背中を後押しし

パワーと勇気を与えてくれる

そんな夢の欠片たちだった


暗闇に呆然と立ち竦み

ただ今を嘆き悔やむより

もっと先へ進むことを教えてくれ

夢の力に助けられてここまで来た


他人から見たら蔑まれ様と

例え同情され様と 

寧ろ軽蔑され様と

それは本当に微かであっても

まごう事無い確かな前進だった


それなのに

夢を潰そうとする力が渦巻いている

見えない悪意があちこちに

壁の様に張り巡らされ

その衝撃に耐えきれず

思わず一度は膝を着いてしまった


たとえ寝たきりになっても

生きることを諦めない

この世の全てから遮断されても

無音の空間に浮遊しようとも

まだまだ生きる希望を捨てはしない

決して自分を見捨てることは無い


何故ならば それは

ぎりぎりまで闘う自分が愛おしくて

切ないくらい 生きることが好きだから


もしもこの先 

耐えられない苦痛から自分を解放する時が来たら

この世への未練は多々あっても

その未練さえもきっと

愛しさの花束に変えて天に贈ろう

苦痛と後悔に切り刻まれた日々さえも

数多の塵となり

この魂と共に空へと舞いあがれ
[PR]
by _kyo_kyo | 2012-03-09 04:18 | | Comments(5)