<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お詫びを兼ねてご挨拶

先ず厚かましいお願いですが、
もし私の拙い詩など読んで下さっている素晴らしく奇特な方がいらっしゃいましたら、
詩へのコメントは大変し難いとは思いますが(少なくとも私はそうですが)
どんな一言でも頂けると大変有難いです。
万が一お目に留まって気に入って頂けましたら宜しくお願い致します。

そして本題ですが、現在公開中の小説「夢見るダイヤモンド」が大幅に滞っております。
読んで下さっている方がはたしてどれ位いらっしゃるかは分かりませんが、
万が一、まだ待っていて下さるという奇特な方がいらっしゃいましたら、
心からお詫び申し上げます。

当初、こんな長編になる予定ではなかったので、
書いている本人が多分一番混乱しております(汗)
一気に終わらせるなんて器用なことが出来ないもので、
上手くまとめられるかどうかは分かりませんが、
気長にお待ち頂ければ、作者としては大変有難いです。

実際懸念だらけではあります。
やっぱり小説なんて書く柄じゃなかったんだなあと思いますが、
ぼちぼち再開に向けて構想を練りたいと思います。
こう書くと大した作品を書いている様でお恥ずかしいですが、
そこはまあ、こんな奴の書くものなので、
どうぞ大目に見て下さいませ~~

それでは、また次回作(?)で、お会いしましょう^^
[PR]
by _kyo_kyo | 2012-05-24 04:30 | 自己紹介 | Comments(10)

伝書鳩

言葉を失った世界で

空中に浮遊する感情が

行き場を失くした伝書鳩のように

今日も目的地へ辿り着けぬままでいる


夢を捨てた世界の果てで

透き通ったビー玉を拾った

陽にかざすと閉じ込められた気泡が

一斉に泡立つ様に煌めく


伝書鳩はいつの日にか

目的地へ辿り着けるだろうか

ビー玉に閉じ込められた気泡は

いつかもっと広い世界で輝きを放てるだろうか


こんな虚ろな世界の果てで

私達はまだ希望を捨てはしない

足元には雑草が青々と生い茂り

野薔薇はびっしり蕾をつけ

蕾は今まさにはち切れんばかりに膨らんでいる

いがの様に青い蕾からは

もう直ぐ雪の様に真白い花が

溢れんばかりにこぼれ咲くことだろう


朝露に濡れた草よ

蔓を延ばす野辺の薔薇よ

朝日を浴びて囀る小鳥よ

世界はこんなにも愛おしいもので満ち溢れている

そして今日もお日様は

変わらぬ日差しを

全ての者へと投げかけている
[PR]
by _kyo_kyo | 2012-05-21 02:17 | | Comments(2)

タンブル・ウイード

息を切らしながら

ゴールの見えぬ道をただ進むだけの毎日を

辛いとか

詰まらないとか

退屈だとか

一言で片付けてしまえるのかと言えば

そんな筈も無く

一度背負った荷物を

簡単に放り出したりすることは

誰も出来ない


風に転がる草のボールが

カラカラと音を立てながら転がって行く

この荷物もあんな風に

勝手に転がって行ってくれないものかと

タンブル・ウイード 

風に乗って軽やかに転がる様を想像してはみるが

この狭い平野では何処に行っても

直ぐに行き止まりの吹き溜まり

白骨化して幾重にも折り重なる象の墓場の様な

絡み合ったタンブル・ウイードの墓場が容易に想像出来てしまう


私達はそれぞれの荷物を抱えたまま

思い思いの方向に歩いて行くしかない

時には泣いたり

愚痴をこぼしたりしながら

転んでしまったり

途方に暮れて

しゃがみ込んでしまう事があったとしても

決して再び立ち上がるだけの

強さを失ったりはしない


見知らぬ同士が

時には肩を叩いて励まし合い

お互い元気でねと大きく笑顔で手を振りながら

それきり二度と再会する事のない旅を続ける


想い出は直ぐ風化し

現実も一瞬で過去へと変わってしまう

抱えた荷物から目を離したら

一瞬でタンブル・ウイードの様に

何処かへ飛ばされてしまうだろう


各々が抱えた荷物は

決して軽くはないけれど

それでもきっと重過ぎるなんてことは無いんだ

だから大丈夫

きっと行ける

最後まできっと行けるよ

この果てしの無い世界を
[PR]
by _kyo_kyo | 2012-05-16 05:14 | | Comments(4)