<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

思いの揺れる夜空に

夜の帳の降りる頃

幾千の夢が走馬灯のように

夜空をなでながら駆け巡る


真っ暗な空間を手探りしながら

硝子の迷路で立ち迷い

深い眠りへと落ちた魂は

もっと先へと叫んでいる

明日かもしれぬ見知らぬ出口を

見つけようと足掻いている


立ち止まってなんかいない

焼ける様な衝動と絶えず闘いながら

時期の到来を待ち続け

そのタイミングを決して逃したりはしない


天上に花開くという

浄土の花を見るその時まで

幾千の夢と共に

出口の見えない真っ暗な世界を

ただこの足で歩こう

大地を踏みしめながら

人知れず歩いて行こう
[PR]
by _kyo_kyo | 2013-02-16 05:04 | | Comments(5)

秘密

誰にも告げず

口は開かれることなく

言葉は空気に溶けてしまった

息をするたびに

誰かの秘密がしみ込んでくる様で

これはあなたの秘密ですか

見知らぬ影に問いかけても

答えの返るはずも無く

私達はもっと自分を大切に生きなくてはいけないんだ

雨粒に氷が混じり

胸を刺すその痛みに耐えながら

また新しい道へと踏み出そうとしている
[PR]
by _kyo_kyo | 2013-02-14 05:52 | | Comments(7)

クレヨンしんちゃんとドラえもんと娘

娘がまだ幼稚園に行っていたか行かないかの頃、
ちょっと記憶は定かではありませんが、
クレヨンしんちゃんが始まると、怖い怖いと逃げ出す。
「面白いよ」と呼びかけても、悪ガキしんちゃんが何をやらかすかハラハラだったようで、
「消して消して」と叫びながらドアまで逃げて行く。
おかしな子だなあと思ったものです。

で、何気なく見ていた「ドラえもん」これにも拒絶反応を示しだしてびっくり。
「怖い、怖い」と言うから、「ジャイアンは出てないから何も怖くないよ」と言ったら、
「のび太君がお母さんやドラえもんに怒られるから怖い」と、これもカーテンの陰に隠れる始末。

いや~まさかドラえもんを怖いと言うとは思いませんでした。
のび太君が可哀想で見ていられなかったのかな?

そんな娘も今ではホラーも平気で見る様に(涙)
時の移り変わりと娘の成長をひしひしと感じる母であります。
[PR]
by _kyo_kyo | 2013-02-05 04:38 | 雑記 | Comments(2)