<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メッセージ

この夜に願う事

星の見えない空であろうと

月の出ない夜であろうと

穏やかな眠りを全ての者へ

生きとし生きるもの全てが

寒さに凍え

飢えに苦しみ

苦しみの与えられない世界がいつか訪れます様に

現実には残酷な世界の終焉を見ることの

叶わないことを知ってはいるけれど

天秤の片方に乗った「自分」というちっぽけな存在が

その針を少しでも「平等」へ留まるように在れます様に

祈りを込めて

今夜は万物の為に祈ろう

生きる意味を考え

無残に殺されていくだけの者たちへ

祈りを込めて

ただ何も出来ない者からのメッセージ









[PR]
by _kyo_kyo | 2013-12-25 06:28 | 呟き | Comments(2)

しなやかに大胆に

しなやかに生きたい

焦ることなく自分の足で

亀の速度でも堅実に一歩一歩

それでも時には大胆にけれど辛抱強く

この一見相反するような生き方が

私の理想 私の目標

小心者で「自分」の殻から抜けられない

そんな自分を嫌になったこともあるけれど

辛抱と諦観は違うと

歩んで来た長い道のりのなかで理解することで

違った道が拓ける事もあった

これからもそうやって生きて行こう

しなやかに大胆に

振り返った時に自分に悔いだけは残すまい







[PR]
by _kyo_kyo | 2013-12-13 12:27 | | Comments(2)

良い詩を書くという事

良い詩を書きたいと思う、でもそれははっきり言うと良い詩ではないのかもしれない。
イメージが幾層にも重なる様な、そんな詩を更に幾重にも重ねて、
一つの作品に出来たなら、
そんなことを考えるともなく考えながら、自分の限界をまた考える。

自分の力量は自分が一番良く分かっている。
それでも、限界を決めてしまったら、そこで立ち止まってしまうだろう予感がある。
それはかなり確かな予感で、だからあがく様に無様でも、
まだ書いていたいと思う。
書き続けて、書き続けて、死ぬまでずっと心模様を綴って行けたなら、
誰の得にもならない様な詩だけれど、私はやっぱり幸せだと感じる事だろう。

来年が良い年になる保証は何処にも無くて、
寧ろ悪い事が待ち構えている確率のが高くって、
それでもその時、その時の感情を書きたい。

楽しい事、嬉しい事だけではなく、
悲しい事、辛い事、全て、書き続けて行きたい。
そんな強さがこれから先、何十年経ってもずっとありますように。
途切れることなく、書ける力が持てます様に。

[PR]
by _kyo_kyo | 2013-12-09 23:19 | 雑記 | Comments(3)