<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

みいこ叔母さん

叔母が、私に詩は書いていますかと聞いてくる。

叔母は歌人だ。

しかももう90才だろう。

同い年の母はもうずいぶん前に亡くなった。

けれど叔母は遠く離れた地からでも

メールで聞いてくる、今も書いてますか?

痛いとこ突かれちゃうよなあ。

一人暮らしで、仲の良かった妹にも先立たれ、

それでも尚、叔母は私や、姪っ子への気遣いを欠かさない。

私もそんな大人になりたいと思う、この歳で。

私もそんな大人でありたいと思う、この歳だからこそ。
[PR]
by _kyo_kyo | 2017-07-24 17:05 | 感謝 | Comments(8)

ANRAK JOY 佐藤大地

ずっと以前に、私の親友の息子さんが名古屋の専門学校に入学した。
調律の学校で、なかなか優秀だったそうだ。
私は、名古屋のお母ちゃん気分で入学説明会や、卒業式にまで行った記憶がある。
本人は男の子だからきっ迷惑だったに違いないが、遠慮して言えなかったことだろう。

まあそれは置いといて(学祭にも行ってすっかり楽しんでいた私であるが)
彼は地元に近い水戸の大手楽器店に調律師として就職がかなった。
のであるが、その後、右翼曲折を得て、会社を退職し、先輩の飲食店を手伝っていると聞いていた。
のは、本人からではなく無論親友である彼の母親からである。

その彼が、今度水戸に店を出すという。
良く実体が分からないでいたら、そのうち親友がインディーズのCDを送ってくれた。
私はそれを聴いて滅茶苦茶に感動してしまった。
ANORAK JOYというグループでホークギターを掻き鳴らしながらボーカルを務めている。
このサウンドは気持ち良い。それが正直な感想だ。
彼の姿はユーチューブでも見ることが出来る。PVも作って貰ったのだ。
生まれた頃から知っていて、一緒にキャンプにも行った事のある息子(親友の)が、
今、正にプロになろうとしている。
少しでも、多くの人にこの音楽を聴いて貰いたい。
彼らの演奏する姿を見て欲しい。
親ばかって、こういうのを言うんだろうか。。
でも、私は彼の才能は本物だと思う。

でもって、本人からはなんの報告も無いのだわ~~(笑)
もし少しでも興味が湧いたら、Anorak jyo 佐藤大地で検索してみてください。
若いけれど、均整のとれたとてもバランス感覚の良い音楽に巡り会えると思います。

帯にカジヒデキさんが書いてくれている言葉がそのまま彼らの音楽を表していると思います。
「小粋なギターのフレーズに、高鳴るトランペットやグロックッケンの音色。男女のツインボーカル。あぁこれこそ僕の理想的なインディーズポップのスタイル。完璧なブルーハート!ホリディ―の匂いをまとって、若き情熱溢れるアノラッカーよ。ハイランドへいざ進め!」
[PR]
by _kyo_kyo | 2017-07-24 16:19 | 感謝 | Comments(0)