天使が

天使が舞い降りてきて

幸福な朝の訪れを告げる

でもそれは君のものでは無くて

誰か知らない他の人のもの


朝日の眩しさに含まれる

痛みを知るようになって

どれだけ経ったのだろう

日差しは明るく世界は輝いていて

でも心はどろどろに溶けて

粘土のように崩れて行く


いつかあの朝にめぐり合えたなら

またあの朝を迎えることができたなら

この心にも天使が点るだろうか

まるで小さなランプのように

心にも灯が点るのだろうか


まだ朝日は眩しくて

君の心に灯は点らない

けれど何時かめぐり合える朝を信じて

生き続けて行こうと思う

生きていたいと思うだけ
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-06-22 01:49 | | Comments(0)

天邪鬼

昔に戻りたいんじゃない

過去の自分を取り戻せると思っている訳でもない

消えてしまった自分の中の可能性と

辿り着けなかった自分の夢が少し眩しいけれど

後悔しているかと問われれば

多分NOと答えているだろう

失ったものは決して少なくはないけれど

それでも人生は面白いもので

決して奪われるだけの毎日では無かった

なかなか素直に認められないだけで

ただ、天邪鬼なだけなのだ
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-06-15 20:57 | | Comments(0)

紫陽花

青の絵具をパレットいっぱいに絞り出して、あなたの好きな靑を探そう
それは蕾のほころび掛けた花の様に、あなたに微笑みかける
あなたが手を広げてくれるように、あなたの為の靑をさがそう
幾つものガクが重なり紫陽花となる様に、いくつもの青を重ねてあなたの為の靑にたどり着こう
あなたの手がその花を掴む前に
あなたをその花束で思い切り叩いてやろう
それは永遠の靑

この世に存在しない紫陽花
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-06-15 20:45 | | Comments(0)

密やかなる時間

時計の針は まだ動かない

立ち枯れた樹木のなかに

佇んだまま 
 
時の淀みのなかを

さまよい続けている


ミミズクが野鼠を引き裂いて飲み込む

喉のなる音が密やかに繰り返し 

世界は一瞬で 色を取り戻す


血に濡れた爪は 月のもとで銀色に輝き

何事も無かったかのように

時はまた滑るように

歩み始める
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-06-14 22:52 | | Comments(0)

試行錯誤

このままじゃだめ

でも次が決まらない

それは日常に山積みで

この中からどれだけの選択が出来るだろう

右のリボンも良いよね

でも左のカチューシャも綺麗

でも結局はどっちでも似合ってる


人生なんてそんなもの

試行錯誤して熟考して決めたつもりでいても

どうってことない

右の道も左の道も

たどって行けば結局はこの道に繋がっている

ただそれだけの事

でもなかなかその事に気が付かない

その勇気が無い

そんな毎日の繰り返し
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-06-09 02:57 | | Comments(0)

親友Hへ

どうか そのまま

今のあなたでいてください

今の自分が決して己の望んだ姿でなかったとしても

そのままのあなたが好きなんです

だから


どうぞ あなただけは

今のままで 変わらないでいてください

理不尽なお願いに眉をひそめたりしないで

笑顔で受け入れてください


それはあまりにも身勝手で

一方的なお願いかもしれません


それでも思うんです

誰もがノーと言っても

きっとイエスと言ってくれる

そんな拠り所がなければ

人は強く生きてはいけません


だから これからも

ずっと変わらぬあなたであって欲しいのです

それが あなたであって欲しいのです
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-06-01 03:17 | | Comments(0)

キスキスキス

挨拶代わりにキス

それは一日の始まり

優しくオリーブの花に花キッス

それはいつか実を結ぶ日への願いを込めて

見上げるような大株と

膝までしかないようなオリーブの木々は

まるで赤ちゃんにキスをするママのよう

白い花よいつまでも咲き誇れ

そして百万回のキスを地上に降り注げ
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-06-01 02:54 | | Comments(0)

壊れた時計

憧れは儚くて

摘めば枯れてしまう花の様で

きっと叶うことは無く

叶えたと思った傍から壊れてしまうの


ねえ

今日腕時計が壊れたわ

おかしいでしょう

壊れたままでも針は進むの

きっと歪んだ時間を進んでいるんだわ

わたしと一緒ね


腕時計はこの時間が気に入ったみたい

歪んだ時間はもうもとに戻らない

無理に戻したら壊れてしまう

だからこのまま時を刻みましょう

二度と戻らない

時を刻んで生きましょう
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-05-24 01:08 | | Comments(0)

記憶の住人

これは夢

それとも現実

目覚ましの中で揺れる思い


ベルの音に覚醒する

鋭い感覚に刺される

と共に砂の様に崩れ去る

浮遊する感覚の世界


あと少し手を延ばせば

届きそうなもどかしい感触

けれど無意識の淵に沈み込む

静かな感情は

ただ沈黙の中へと消えて行く


この感情を追えば何が現れるというの

覚醒しつつある意識は

その感覚がもどかしくて

けれどとても眩しくて

少し目を背けてしまうの


もう少しあの場所に留まっていたなら

微睡の中で

私は何を掴んだのだろう

見開いた目は

現実を見つめる事に一生懸命で

振り返る勇気さえ持てなかった


今も闇の中で震えている

私の臆病があの場所で

忘れてきた記憶を抱えている

ずっとそのままでいる
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-05-24 00:51 | | Comments(0)

憧れちゃうよ

詩が書けなくなった
いや書かなくなったのか、
情報が世の中に満ち溢れている今、
何もかもが便利になって行く一方で
心はどんどん病んでいく

誰か助けてよ、
そこの便利屋さん、
ヘルプミー!
と叫んでみたいけれど、
世の中そんなに甘くないことは良くわかる

大人になりきれていない未熟な自分が恨まれる
絵に描いたようなパーフェクトライフを望んじゃいないが、
せめてもう少しましな人間になりたいと
駄目な自分に自己嫌悪

映画に描かれているような素敵な生活
やっぱり憧れちゃうよなあ
冬物と春物の衣類に埋もれた部屋で
またまた溜息

来たれ!!夢のパーフェクトライフ!
自分で何とかしなきゃと分かってても
愚痴ってどうなる訳でもないのに
こうして無為な時間を費やしてしまう

詩が書けなきゃ書いてみればいいんだよね
出来なくてもやろうとする気持ちって大事だよね
便利屋さんは来ないけれど
自分が便利屋さんになればいいんだよねえ

さて、気持ちを切り替えて
今日も参りますか
[PR]
# by _kyo_kyo | 2015-04-17 09:15 | 呟き | Comments(4)