人気ブログランキング |

いるの  いないの  いらないの

いるの  いないの  いらないの

ふようなものは  はいきされ

ひつようなものが  のこされる

わたしに  なにが  ひつようか

どうして  あなたが しっている

わたしでさえも  わからないのに

どうして  あなたに  きめられる

こんな  ちいさな  がらくだにすら

どんな  おもいが  こもっているか

どうして  あなたが  しるだろう

すててしまっては  だめなのです

どんな  ちいさなおもいでさえ

いまの  わたしには  ひつようです

こんな  ちいさな  おもいですら

けしてしまっては  だめなのです
by _kyo_kyo | 2010-01-12 00:25 | | Comments(4)
Commented by greenmoon9 at 2010-01-12 18:06
ご挨拶がおそくなりました・・・が・・・
あけましておめでとうございます。。。
今年もゆっくり拝見させて頂きますので宜しくお願いします。

福袋・・・
自分も好きですが、近年は買えてません・・・(T T)
開けるまでのドキドキ感、たまりません。(笑)
こういう日本の文化っていいですよね~


この詩はひらがなですね♪
でも奥深いですね。
小さなモノを大切にする気持ち、モノでも、そこにある思いでも。
いい自分も悪い自分も全て自分。
それをひっくるめて独りの自分として生きる強さをも感じられます。
たまに、世間から自分は必要ない人間じゃないか、
な~んて事も思うかもしれませんが、それでも生きる事は強い事だなぁ。
ってな事を何度も読みながら思ってました。
「でも生きるんだ」っていうパワーのこもった_kyo_kyo さんの詩(勝手に決めてすみません)を、
今年もたくさん綴って下さいね、楽しみにしています。

それでは、またこっそり来ま~す♪

Commented by _kyo_kyo at 2010-01-12 19:54
こちらこそ、今年も楽しく拝読させて頂きます^^

福袋、あの開けるまでのわくわく感が堪らないんですよね~~

学生の頃、実家のデパートで、
重い方の福袋にはさぞや良い物が入っているだろうと、
(なんか舌切り雀バージョンっぽくなっていますが^^;)
えっちらおっちら&わくわくと家に持ち帰り、
家族の前で開けた私は絶句しましたですよ。

昔の重たいサイズのアルバムが二冊も入っていた!!
怒りを通り越して、がっくりと肩を落とした21歳の私・・・
『これはあんまりな・・・惨め過ぎる・・・』
声無き声で呟いた私は翌年こそはとリベンジを胸に誓ったのでした
(時間とスペースの関係で二部に続きます)


Commented by _kyo_kyo at 2010-01-12 21:30
(上の続き)
そんな訳で、翌年も帰省の際にデパートの初売りに繰り出しました。
普通去年で懲りたら止めると思いますが、変にリベンジに燃えてしまうのが私の悪い所。

『今年こそは騙されないぞ』と福袋を持ってみたところ、どれも思ったより意外と軽い。
『いくら某デパートでも、去年はやり過ぎだと思ったのよね。あんなヒドイ福袋、いくらなんでもやり過ぎよ』

おっし、今回はこれで決まり~~^^
と、元気良く戦利品を抱えて実家に戻った私は、家族の見守る中、
徐々に何となく、いや~~な気分に・・・

「まさか、これは、もしかして・・・」
再び絶句する私・・・22歳のお正月。。
Commented by _kyo_kyo at 2010-01-12 21:40
(更に上の続き; 字数の関係で申し訳ないですが、上からの続きです。)

その福袋から出てきたのは、昨年の福袋を彷彿とさせるぶ厚いアルバム一冊と、
更にダメ押しの様なスリムなアルバム5冊のセット(去年に比べてパワーアップしてるんじゃないかい?!涙)

「どうせ写真撮ったら使うから良いじゃない」と慰める、家族の言葉のなんと虚しく聞えた事よ。
完全敗北を喫した私は、三年目はきっぱりとリベンジを諦め、
このデパートとは袂を別つ事に決めました(唯のアホや)

アルバムの印象があまりにも強烈過ぎて、
他に削り節の缶と、唯のサラシにしか見えない白いシーツが入っていた記憶がありますが、
他は本当に何が入っていたのやら、思い出せない~~!!

それにしてもその翌年はどうだったのかな?
またアルバム入っていたら本当にイヤだ~~
なんて暫くは思い出していましたよ(笑)
<< 朝顔の種に寄せて 福袋 中身公開 (補足) >>