人気ブログランキング |

金と銀の翼

右の翼には金色の

左の翼には銀色の翼があり

天使のように何処までも

飛んで行けるのだと信じていた

それが若さ故の傲慢さなどと

露ほども疑いもせずに


若さの大切さを

信じない人がいる

若さの美しさを

理解しない人がいる

もう若くもない私は

借り物の翼をつけ

何処まで飛んで行けるだろう

いつかあなたの所にまで

愛の言葉を届けに行く事ができるだろうか


花が散る様に

ひとつの命が散る

声も立てずに

静かに息絶えるものがいる


死は初まりと同時に既に始まり

じっと影のように私達を監視している

ただ静かに己の懐へと

また私達の返って来るのを待っている

ただそれだけのことなのに

どうしてこんなにも死は理不尽で

やるせない気持ちを呼び覚ますのか


どんな翼でも良い

まだまだ飛べるんだと

死ぬ日まで言い続けたい

古びて鈍色になった翼を

後生大事に小脇に抱え

いつでも私は羽ばたけると

ずっと信じ続けたい
by _kyo_kyo | 2010-10-19 03:35 | | Comments(0)
<< 大切な贈り物 早起き鳥 >>