人気ブログランキング |

進歩の歴史

大空を飛ぶカモメは

桟橋に羽を休める

そのひと時の休息


地上から眺める空は

何処までも高くそして広くて

羽を持たない私達は

大空を優雅に舞う

その姿に憧れを重ねる


人はいつも

自分に持てないものに憧れる

白い翼で大空を舞う夢を抱き

海を自在に泳ぐ魚に憧れ

手の届かない星たちへと思念を飛ばす


私達の夢は少しずつ叶えられているけれど

実際は何も変わってはいない

空を自由に飛べる筈もなく

海を何処までも泳げる筈もなく

星に手が届く訳もない


鳥の様に飛びたいと思っても

鳥になりたい訳ではない

魚になりたい訳でもない

地球以外の星に住みたい訳でもない


出来ないことに憧れるのは

けっして悪い事なんかじゃない

夢を叶えようとすることで

私達の明日は日々変わって来た

それはそれでとても素晴らしい


けれど何故だろう

私達の憧れは止まることを知らない

憧れにあこがれるというループをくり返している

その欲の深さに憎悪さえ感じながら

更にその先へ行こうとしている


鳥は飛べなければ死んでしまうのに

魚は泳げなければ死ぬだけなのに

星は何の思惑も無くそこに輝いているだけなのに


人だけが全てを手に入れようと足掻いている

全てを手に入れて尚

その先へと目指そうとしている

それを進歩と呼ぶらしい

それを技術と呼ぶらしい

その恩恵にどっぷりと浸かりながら

人の業の深さに背筋がぞくりとする
by _kyo_kyo | 2012-07-01 15:37 | | Comments(6)
Commented by 手羽先にございますm(_ _)m at 2012-08-02 06:45 x
夢や憧れが 純粋な気持ちなら それは 素敵で 可愛らしさを感じられるんだけどね(*^o^*)


その夢や憧れを 野心に変えたなら…醜く なっちゃうね( ̄○ ̄;)


真ん丸なお月様を…手を広げて 取ろうと クルクル回って 僕を見て…また 回って 笑ってた 小さかった 娘の姿が 想い出された 詩でしたょ(-^〇^-)


ありがとう!…kyo m(_ _)m
Commented by _kyo_kyo at 2012-08-02 17:32
手羽先さん、
可愛らしい情景が目に浮かんできます。
とっても可愛いお嬢ちゃんだったんだね!
(今は素敵な娘さんかしら^^)

親にとって自分の子供は何者にも代えがたい愛しい存在ですよね。
この詩でそんな風に思って貰えるなんて、こちらこそ有難うなのです♪
Commented by 手羽先にございますm(_ _)m at 2012-08-02 18:27 x
オイラの姫は…5年生になりまたょ(-^〇^-)

1歳半くらいの時のお話しです…この4か月前に 別れてたから…

子供達の事を話し出すと 止まらないけど…kyo 聞く体力と勇気が 有るかぃ(笑)

日記サイトで書いてたのは…ほぼ 子供達の事…想い…(*^o^*)


今でも 年に数回 会ってくれてるけど…姫は 未だに 抱かれてくれてるょ(-^〇^-)…自慢です(笑)


お兄ちゃんは 中学生だから…頭を撫でて 終わり(笑)…ほんとは 抱き締めたぃ(-o-;)


子供達の笑顔が オイラの幸せだと思います(*^o^*)


自慢話しに…ちょっと ウンザリでしょ!…(笑)
Commented by _kyo_kyo at 2012-08-04 02:41
前に別れて暮らしてるって事や、その思いを書いてるって聞いてたね。
小学5年生じゃまだまだ可愛いね。でもお兄ちゃんを抱きしめるのは心の中だけにしといてね(笑)

自慢話は構わないけど、その想いは子供たちに伝えてあげなよ。
子供達にとって、それこそたった一人の大切なお父さんなんだからね^^
Commented by 手羽先にございますm(_ _)m at 2012-08-04 19:17 x
オイラの想いは…手の温もりで 伝えてるつもりだょ(-^〇^-)

言葉で伝えるのは 苦手なもんで…(笑)


アッ…お兄ちゃんの隙が有れば 抱き締めようと 虎視眈々と狙ってます(*^o^*)
Commented by _kyo_kyo at 2012-08-05 05:08
お兄ちゃんに関してはノーコメントで(笑)
<< より深く学びたい 太陽 陰の唱 >>