不可解な喪失

天上から血が滴るように

どんどん命が滴り落ちて行く

水が排水溝へ流れるように

命が喪失へ向かって止めど無く流れ出す

理不尽な世界をねめつけたまま

成す術も無く立ち尽くす

さっきまで確かにあった世界が崩壊する

その不思議はどうしても拭えなくて

何度も何度も感じてきた筈なのに

指の先から痺れるような震えが来て

やがて体中が青ざめて行くのが分かる

足元の地面がスローモーションで崩れて行く危機感

体は空中でバラバラに崩壊しながら

長い落下の中で生と死の仮面を被り続け

息をつくことさえ忘れた頃 

地面の温かさを体に感じ

生きることの意味を問う
[PR]
by _kyo_kyo | 2013-05-03 02:07 | | Comments(0)
<< わたしのソファー・・・「死の淵... ちょっと斜め >>