人気ブログランキング |

まどろみ

蓄音機に落とす針のように

言葉を落としては

私を溶かし

何度も何度も繰り返し

見知らぬ誰かの夢となる


リフレインは風鈴の様に

耳に鳴る風の音

りりりんろんと響いては

何処までも追いかけて

耳の中で転がるまどろみ


今宵も優しい夢を見ましょう

そうして街が眠りにつく頃には

帳がすっぽりとあたりを蔽いつくし

世界は誰かの見果てぬ夢となり

耳元に優しく響く風鈴の音の様に

穏やかな寝息を守れます様に
by _kyo_kyo | 2013-07-17 12:56 | | Comments(4)
Commented by yuuki-555 at 2013-07-15 03:17
☆ 今晩は~・・・。
 
 う~ん、いつになくうっとりとする言の葉の数々で・・・。

 耳に、目に想像したら、眠れない僕も、この暑い夜を

 ゆっくりと眠れそうです^^

  とっても素敵な詩です・・・。  有難う・・・。

                              ゆうき  ☆彡
Commented by _kyo_kyo at 2013-07-15 15:35
ゆうきさん、ご訪問有難うございます。

最近のマイブームは即興詩です。
でも実力が追い付かなくて詩まで昇華できません。
そういうのは私の中で本来は無かったものとなってしまうのですが、
今回は大目に見てやることにしました。

それも私の中で、微睡がリフレインの様に尾を引いているからなのかも知れません。
拙いうたにコメントを感謝します^^
Commented by greenmoon9 at 2013-07-28 17:56
音と静寂の両方を感じることのできる、雰囲気のいい詩ですね。。。
Commented by _kyo_kyo at 2013-07-30 02:59
ぐりーんむーんさん、コメントを有難うございます。
感じ良いと思って頂けたらこの詩も本望でしょう^^
<< 焦る事なんて無い 鉄橋が >>