もう春なんだなあ

今日、仕事の途中で外出したのですが、
建物の前の桜の見事な事。

まだ早朝は寒くて手袋をしているのですが、
もうこんなに身近に春が来ていたのかと驚かされました。

花って、何時の間に咲くのでしょう。
ふっと気が付くと、蕾が膨らみ、花ほころび、
やがて散っていくのですよね。

桜は潔く散って行くから大好き。
あの散り際の、見事なまでの散りっぷりに、
毎年、感動を覚える私でありました。

今年は少しは花見が出来たらいいなあ、
夜桜の美しさも妖艶であります。
「桜の木の下には死体が・・・」と書いたのは、
坂口安吾が最初でしょうか。

今年、桜を見に行こう、と、
一応目的を持ってみることにしました。
叶うかどうかは別ですが(笑)








[PR]
by _kyo_kyo | 2014-03-28 21:11 | 呟き | Comments(4)
Commented by yuuki-555 at 2014-03-28 22:58
 ☆ 桜はもう九州では満開と言ってもいいくらい。

 やはり、日本人なのでしょうか、桜の花を見ると落ち着きます^^

                              ゆうき  ☆彡
Commented by _kyo_kyo at 2014-03-30 17:46
そちらはやはり早いですね。今日は雨、桜が大丈夫か気になるところです。
Commented by umih1 at 2014-03-30 19:57
坂口安吾さんですね〜。
満開桜も好きだけど、咲く前と、七割以上散って緑が多くなったころの桜の木も好きです。それぞれの良さがありますね。
こちらも雨です。もう四月だね、、、
はやっ
Commented by _kyo_kyo at 2014-03-31 10:56
坂口安吾、大好きな作家です。
若い時は貪るように読んでましたっけ。
その中でも印象的なのが、桜の題のついた作品だったように記憶しています。
最近有意義な読書が出来ません。
ちょっとストレス(笑)
<< 梶浦由記 Fiction Ju... 見果てぬ世界の >>