今更ですが

熊本で震災に遭われている方々に言葉もありません。

一瞬で生活が全く変わってしまうのです。
お亡くなりになった方は無論ですが、
家を失くされ不自由な毎日を送られている方々を思うと胸が痛みます。

これは他人ごとではありません。
日本中の人達がみな感じていることでしょう。
この禍は、いつ自分の身に起きてもおかしくない事。
そう思うと、今も続いている福島の原発問題や、
つなみのあの恐ろしい映像がまざまざと蘇ってきて、
あまりの恐怖に寧ろ何も考えたくなくなります。

今まで起きてきたことが全て夢の中の出来事だったなら、
どんなに良いでしょう。
絵空事ならどんなにか良かった事でしょう。

でも全ては起こってしまった。
そして現在も私達を脅かしている現実。
熊本への義捐金は無論ですが、福島や東北への配慮も決して忘れてはなりません。
全てを覚えていることは不可能ですが、学ぶ事は可能です。

忘れてしまったら思い出せばいい。
知らなかったなら、学べばいい。

自分にそう言いきかせて、また明日を迎えましょう。
[PR]
by _kyo_kyo | 2016-04-25 02:08 | 雑記 | Comments(0)
<< 健康な身体と心 グッバイ&ハロー >>