人気ブログランキング |

木瓜の花が咲きました

今年、何度目かのボケの花が咲きました。
ここまで咲いたのは見たことが無い程の見事な咲きっぷりで、
この木も私の父母が引っ越しの時に一緒に栃木から送ってくれたものだったと記憶しています。25年位前かなあ。
確か紅葉を送ってくれたのですが、それと一緒に南天や、オモトや、サテツ、それにボケもあったようで・・・これら皆土にくっついて来ただけな様な気がしています。

小さな小さな苗だったと思いますが、あっと言う間に背を伸ばし、今年は大分選定をしました。
ボケは棘が凶器なんです。何度これに刺されたことか、経験者も多いのではないでしょうか。
だから手入れのし易い様に、私の腰よりちょっと高いくらいの高さで切り揃えました。

大体その時にはもう花がいっぱいで、花のついていない辺りを一斉に切ってしまいました。
来年無事に花が咲くかがちょっと心配ですが、まあこの方が私も扱いやすいので良しとしました。
そして今、大量の実が鈴生りです。ボケって、知らなかったのですが一つ実がなっているところに、何個も同時に実がなるのですね。3個位は当たり前で、そんな枝が密集して凄いなあと。。今までは成っても二、三個で、知らないうちに落ちてしまったようで残念に思っていました。

その実なんですが、この量ではあまりに勿体ないからと、果実酒にすることに決めました。
果実酒にするとなると、逆にこの量では少ない、ってなっちゃうんですよね。
梅と比べて頂くと分かりやすいと思いますが、小梅ちゃん位かなあ。
漬ける時期も分からないけれど、実は食用に向かないようなので、順次漬けて行けばいいかと、私らしくて本当に適当です。
赤っぽくなった実から、まだまだ青い実まで、花もまだ咲いているので、実もまだまだ育つことでしょう、漬け込むのにも半年以上掛かりそうなので、味の方を報告するのは暫く後になりそうです。
早く飲みたいなあ、どんな味かなあ。予想ではあんまり期待はしていないのですが、何だかとても体に良いらしいというので、そこだけでも期待しておこうと思っています。







by _kyo_kyo | 2019-04-19 09:48 | 雑記 | Comments(0)
<< 瞳の中に住む少女 数年前のみゅうです >>