人気ブログランキング |

交差するライン

緩やかに投げかける放物線が

時の中でゆがんで崩れた

取り戻せない昨日と新しい明日

そして狭間にある今日


誰かの手がそのラインを受け止めている

崩れたラインを取り戻そうと

柔らかな腕が、しなやかな思念が

そうして引き上げられて浮上するライン

ああ、白々と夜が明け

薄い月を乗せたまま日が昇る


ゆがんだラインは決して元には戻らないけれど

新しい放物線が世界に向って穏やかに放射されていく

透き通るように薄く白い月が

朝と夜のささやかに交差する所まで

ゆっくりと私を誘っている
by _kyo_kyo | 2005-06-17 13:46 | | Comments(0)
<< 初夏 捩れた時間 >>