人気ブログランキング |

月の無い晩には

夜空に掛かったお月様の

見えない晩には心が欠けて

隙間風の音がする


そんな晩には月の代わりに

壊れた心を浮かべようか


道案内がいなければ

星も見えない漆黒の世界で

私はきっと迷子になって

夜空の途中で立ち往生してしまうだろう


見えない星がそっと手を握り

道案内をしてくれるかな

きらきら光る星空が閉じた目蓋に浮かぶ


そうして朝までずっと星屑のきらめきが

目蓋の裏で踊っているよ
by _kyo_kyo | 2005-07-24 05:02 | | Comments(0)
<< 誰かが たった一つの月 >>