レニーディー

レニーディー

心まで濡れながら歌おう

雨は全てを洗い流すよ

私の中の汚れた悲しみも

雨に打たれ

風に吹かれて

何処までも飛んで行け


月も見えないこんな晩には

何度も足場を見失っては

階段を踏み外しそうになり

転げ落ちる寸前に

誰かの差し延ばす手にしがみついて

肩で荒い息をしたまま

胸締め付けられ

そのまま冷たい汗を拭う


自己弁護や下手な言い訳は見苦しい

そうやって弱い自分を叱咤する

これ以上人様に頼ろうなんておこがましい


それでもそうやって助けられて来たんだ

レニーディー

心の中に雨よ降れ

暴れまわる感情に支配されず

誰も恨まず

自分も責めず

辛い時にはいっそのこと

笑っていたって良いじゃないか


そうして降り積もる想いだけは

いつまでも溶ける事無くこの胸に

蝋燭の様に赤々と胸の内を照らせ

降り止まぬ雨の中

消えることなくいつまでも

明るく照らし続けておくれ
[PR]
by _kyo_kyo | 2005-09-10 05:14 | | Comments(2)
Commented by greenmoon9 at 2005-09-10 20:17
お久しぶりです。
日常生活、大変そうですね。。。
体には気をつけて下さいね。。。

この詩、きました!
響きましたよ~
心に。。。
Commented by _kyo_kyo at 2005-09-13 03:41
お笑いネタ以外でも来てくれましたか(笑)

いつもありがとう^^
詩を褒められると、テレますが嬉しいねw
<< 追悼詩・・・見知らぬ自殺者に寄せて 七転び八起き >>