人気ブログランキング |

三島由紀夫「暁の寺」新潮社文庫P144より

「王問うて曰く、
『尊者よ、何人でも、死後また生まれ返りますか』
『ある者は生まれ返りますが、ある者は生まれ返りませぬ』
『それはどういう人々ですか』
『罪障あるものは生まれ返り、罪障無く清浄なるものは生まれ返りませぬ』
『尊者は生まれ返りなさいますか
『もし私が死するとき、私の心の中に、生に執着して死すれば、生まれ返りましょうが、
然らざれば生まれ返りませぬ』
『善哉(なるほど)、尊者よ』」

                      「暁の寺」新潮社文庫P144より



この世にもし輪廻の法則があったとして

人が何度転生を繰り返すとしても

きっと私は甦ることは無いだろう


それは勿論私が清浄だからでは無く

散りゆく様を美しいとは思わないけれど

生きることは一度限りで良いと

心のどこかが諦めの思いに浸されているから


言葉にすると何処か薄ら寒く嘘臭く感じられるけれど

ひたひたと打ち寄せる生の波が魂を洗い続けて行くのを感じる

それは辛い事でもなく、かといって歓喜を呼び覚ますことでもなく

岩が波に洗われて少しずつ削られて行くように

私もまた削られながら変容していく己自身を知る

そういう自分を感じるのはきっと一度きりで良い


風に震える木の葉が

千切れ飛んだらもう二度と舞い戻ることが無いのと同じように

人としての生も二度と無くても良いのかも知れない

それをただ哀しいと思う自分が確かにいて

人としての寂しさに負けそうな時は確かにあるのだけれども

その感情に慣れることは無いままに

そのままの自分を受け入れている
by _kyo_kyo | 2007-05-21 18:46 | 好きな言葉(抜粋など) | Comments(0)
<< 私は 猫はまゆるりと >>