人気ブログランキング |

生きることに執着の無い

自然体が心地良く

どんなに額に汗かいても

無理をしていない自分を実感する

土は指の先でぼろぼろと崩れ

渇いた大地のひび割れを

ズックの先で蹴る様に埋めてみる

生きるってそういうことだ

風の流れに逆らわずに吹かれてみれば

短く切った髪が少し跳ねてる自分に笑ってしまう

私の心が日向できらきらしている
by _kyo_kyo | 2007-08-22 08:53 | | Comments(2)
Commented by ysekizawa at 2007-08-22 11:44
カキコが久しぶりの私です・・・^^;
すまんだ~~~^^:

今日は、心が満たされているのかな?
とても、幸せな気持ちになる詩でしたね・・・^^
人は生きていくうえでいろんなことに遭遇しますよね・・・^^
いいことも、悪いことも、うれしいことも、悲しいことも、どうでもいいことも!

そんな、自分の心にあった、言葉を残していけるって素敵なことだと思う・・・^^
今の私には忙しさが咲きに来ちゃって、そんな余裕がないけど、
そのうち、やってみたいよ・・・^^

詩書いたときはkyo先生にみてもらお~と~~^^
まださきにたいだけどね・・・^^
とにかく忙しくって、頭の中ゴチャゴチャだったよ・・・^^;
でもさ、少しここで落ち着き戻ってきたよ・・・^^
ありがとう~^^
Commented by _kyo_kyo at 2007-08-24 00:14
おーたんさん、コメントありがとう^^
こっちこそ、色々とあってすっかりご無沙汰してました。
ごめんね~~^^;

詩といえるなら私の詩は吐き出したいものを吐き出したい時に、
我慢しないで叫んじゃう?みたいな~^^;

だから詩としてみたらダメなんです。
一本調子で、いつも同じこと叫んでるなあと思うけど、
言いたいことは私の中にはきっと一つしか無い訳で、
それが色んな風に形を変えて心の中に降りて来るのかな?
だから明るかったり、暗かったり、訳が分かんなかったり・・・(ダメじゃん^^;
お世辞でもすごく嬉しいけど、
見てもらうならもっとしっかりした人にした方が良いと思うよ~^^
でもおーたんさんの詩も読んでみたい(ワクワク

おーたんさんこそ映像の詩人だなあと思ってます。
写真のことには詳しくないからあんまり言っても説得力無いかもだけど、
光に満ち溢れている感じが好き^^

そちらにもコメントお邪魔しておきますねw
<< やっほうの呼び声  (ブロペほ... 夏の一日 >>