このままずっと

このままずっと時が止まればいい

そんな瞬間がある

このまま何処かへ逃げ出したい

そんな瞬間も

どちらも必ずきっとある


もっと自分を大切に出来るかな

右往左往しながら

ただ流されて過ごすだけの毎日


親しい人を傷つける自分

些細な言葉に涙する自分

悲しみも喜びも苦しみも

全部自分の中から湧き起こる感情

人はどこまでアンテナを

張りめぐらさなくてはいけないのだろう


心が少し折れそうな日には

両手いっぱいの花は

摘んだ先から枯れてしまう

鮮やかな赤 清々しい青 心弾む黄色

誰かに確かに頼まれた筈なのに

枯れない花を届けなければいけないのに


それは誰かの為にだけではない

時のはざ間で

訳も分からず右往左往する

迷子の自分の為にも探しに行こう

折れそうな心にも負けない

枯れない花を探しに出かけよう
[PR]
by _kyo_kyo | 2004-08-19 00:26 | | Comments(0)
<< 「君といたとき、いないとき」ジ... 信じる心 >>