人気ブログランキング |

夢見るダイアモンド 14-5

       ☆  ☆  ☆

「今日は悪かったね、気分を害したんじゃない?」
帰り道、黙って駅に向かって歩いていると、急に弘喜に尋ねられ慌てて現実に引き戻される。
「ううん、全然そんなんじゃないの。色々見せて頂いて凄く楽しかった。ただやっぱり自分って考えが甘いなあと思ったら余計な事まで思い出しちゃって」
そうなんだ、と言いながら、じっと美沙の顔を覗き込む。
「少しそこの喫茶店で休んで行こうか」そう言うと返事も待たずに先に立ってずんずん歩き出して行った。
赤い目を見られただろうか、恥ずかしい思いと、有り難いという思いが胸中をよぎる。

「僕はあんまり味に煩くないけれど、ここのホットは中々お勧めだよ」
向かい合わせに座った角の席は、棕櫚の葉の陰になっていてリラックス出来る。
「気を遣わせちゃってごめんね」美沙の言葉に「なんの、丁度温かいホットが飲みたくなっただけだよ」と言いながら棕櫚の葉の影から顔を出した店員に「ホット二つね」と頼む。

「さっきの事、もし気になる様なら旦那さんやお母さんに一度相談してみたら?部外者の意見として参考までに言わせて貰うなら、あれをつくり直すのは賛成だけどね。あんなこと言いながら、叔父も多分もう新しいデザインを考えていると思うんだよね」
柳瀬のさりげない言葉は、目の前のホットを飲むと同時に心のざわつきを落ち着かせてくれた。

「なんだか叔父さんと話していると色々と有り難いの。私が見過ごしていることに気付かせてくれるし、自分が甘くて自己嫌悪にもなるけど、決して悪い意味じゃないの」鼻の奥のつんとした感じが収まって、やっと思いが言葉になる。
「叔父はやっぱり商売人じゃなくって職人気質だからなあ。今日のことは別としても、結構きついことを言って昔からのお得意さんと喧嘩になることも多々あったし、その度に謝りに行くのがいつの間にか僕の役目になっちゃった。その一方で叔父をそれとなく諌めて仲直りさせたりね」
「ちっともそんな風に見えなかったよ」目を丸くする美沙に笑いながら言葉を繋ぐ。
「まあ、叔父の場合は実際きついことを言っているようで、本当は自分の利害より相手のことを考えてのが多いんだけれどね」
「うん、それは今日一日話していて良く分った。指輪の件だって、叔父さんに言われた時は恥ずかしかったけれど、あらためて亡くなった祖母のことを色々と考えてしまったわ」
「うん、ただ時として言葉が過ぎる場合があって、あれで結構頑固だしね。そういう時は営業で慣らしてる僕で役に立つこともあるからね」
柳瀬の言葉を聞きながら飲むコーヒーは、まろやかな苦味がありとても美味しかった。
by _kyo_kyo | 2011-09-25 22:26 | 小説 | Comments(0)
<< ここにいる 枯れ井戸 >>