人気ブログランキング |

波のうた

淡い言葉の囁きを求めながら

無数の魂の欠片が暗い波間を彷徨い続けている

溜息で蝋燭の焔を吹き消しながら

目を閉じてしまった少年よ

発した言葉の返す刀で

手ひどく傷を負った未熟な少女よ

疲れた魂の欠片が闇の海原に白く浮かんでは

波に揺られながら何処までも彷徨う


この世はゆらゆらと幻のように儚く

不確かな思念が幾重にも蜘蛛の糸を張り巡らしては

あなたの夢にも ほら

思念の糸は垂れて行くだろう


嘆きながら苦しむことも

悲しむ自分を憐れむ必要も無い

他人に同情する己の驕慢な姿が鏡に映し出され

その姿を見て己をあざ笑う必要も無い


因果応報とか

やがて努力は報われるとか

楽観的観測を信じてはいないが

さりとて全てを否定する訳でも無い


嵐の晩には深い波が

うねりと共に押し寄せては

ちっぽけな思念を丸ごと飲み込んで行くだろう

寄せては返す波の荒々しさよ

幾重にも重なる波が

古い波紋を打ち消す様に

新しい輪を描いては

また次々と消えて行く


見果てぬ夢の行き着く先には

深く抉られたままの姿を曝す海岸が長々と横たわり

絶え間無く打ち寄せる波が古傷を撫で続けている

ひたひたと打ち寄せる波が

数多の魂の欠片と共に

白い飛沫を上げながら青空の中に

さよならの挨拶を残したまま消えて行く
by _kyo_kyo | 2008-09-13 08:44 | | Comments(6)
Commented by umih1 at 2008-09-14 00:30
この詩をよんで、癒しを感じました。
波の音、色、、、傷をなでながら吸い上げてくれているみたい。
とてもいい詩だと思います。好きです。
Commented by _kyo_kyo at 2008-09-15 11:49
そんな風に感じていただけて嬉しいです。
またコメントくださいね^^
詩へのコメントって難しいと思われるのか、
少ないから寂しいのですw
Commented by greenmoon9 at 2008-09-19 15:01
なんだか、夏の終わった海を一人見つめながら、
じっくり思いを馳せている・・・そんな感じがしました。

あっ、勝手な想像です、すみません。。。

kyoさんはいつも色んな事を考えてる気がするので・・・
(あっ、これも勝手な想像です。笑)
すごいなぁって時々思います。

Commented by _kyo_kyo at 2008-09-19 18:04
ぐりーんむーんさんの想像の中の私は、
なんかやたらと大人の女性って感じでカッコ良いんですが(笑)

前のお寿司屋のバイトでも「kyoさんて、テラスでお茶ってイメージですよ」と男性社員に言われてびっくらしましたが、
私って、なんて誤解多き主婦なんだろう~~(爆笑)
Commented by greenmoon9 at 2008-09-20 03:58
誤解多き主婦なんて・・・
もちろん、男性社員路線ですよ。(笑)
カフェにいってもカプチーノっていうよりはエスプレッソって感じです。
紅茶だったらふつーのじゃなくてミントとかピーチとか・・・
あっ、想像です。(笑)

きっと線がほそいんでしょうね、雰囲気の。
あっ、勝手な想像です。(笑)

勝手な想像って・・・・・・・・楽しい(×100)ですね♪
Commented by _kyo_kyo at 2008-09-21 05:04
実際会ったら「kyoさん、イメージがたがた~~!!」って叫ばれそう(笑)
その美しいイメージを破壊しないよう、これからも日々精進しますです^^

でもでも、確かに勝手な想像って楽しいよね~~♪
私が描いてるぐりーんむーんさん像みたいにw
<< 思考のしっかりした人間になりたい 赤い月 >>