人気ブログランキング |

2006年 03月 31日 ( 2 )

素直な言葉

自分の言葉を紡ぎたい

あるがままに、なんのてらいも無く

素直な自分に還りたい

言葉は日を浴びて芽を出す若草のように無造作に

ただ無心にその葉を伸ばす

風の色に花の色が混ざり

お日様の匂いを感じながら素直な心が思いっきり伸びをする

ああ、まだ寒い春の目覚めだ
by _kyo_kyo | 2006-03-31 04:15 | | Comments(2)

少し遅れた後書き(覚書&言い訳)

3月23日に一気にアップした詩は、
みんな携帯の日記に書いていたもの。
そこを辞めると決めたので、
一斉にこちらへ書き写しがてら推敲したものだ。

以前にもそこを利用していて一度辞めたのだが、
その時は書き写さなかった。
書いておいた詩は当然ながらみんな消えてしまって、
自分としては書いたものにはそんなに執着は無く、
消えても構わないと思っていた。

と言うよりは、書く過程にこそ意味があって、
書き上げたものを後生大事に再アップするなんて、
なんとなく女々しいと感じていた。

そうして今回は完全に日記を辞めようと決意して、
そうなった時に、今まで書いた詩をこのまま消しても良いのかなと漠然と思った。
深い意味は無い、と言えるかどうか自分でも良く分かってない。
それでも私の内より生まれたものであり、生み出すに至った想いは様々だ。
それを忘れたくないなと感じた。

書き写し、推敲しながら消したいという思いにも駆られた。
一気に書き上げるいつもの日記詩と違い、
推敲を繰り返す詩はとても厄介だ。
寧ろ恥ずかしい。
手直しすることで、その詩の一番良い部分が損なわれて行くような気にもなる。
だから消してのかなあ・・・以前消した詩のことを思い出し考える。

その過程こそが大切、この気持は今も変わってはいない。
しかし、それは満足のいくものを作り出せない自分への言い訳なのかもしれない。
by _kyo_kyo | 2006-03-31 00:45 | 雑記 | Comments(0)