人気ブログランキング |

2009年 07月 29日 ( 1 )

地下鉄に乗って

がたんごとん揺れながら

地下鉄に乗って何処へ行こう

膝の上には文庫を乗せ

めくるページはぱらぱらと

小鳥の羽ばたきの様に軽やかに舞う


車窓を流れる景色は

何処までも闇を流したように真っ暗で

ふと見上げたガラス窓には

疲れた誰かの顔が映る


そのぼんやりとした眼差しまで

はっきり窺えるけれど

誰とも目を合わせようとはしないまま

がたんごとん揺られている


膝の上の小鳥は

ゆっくりと羽ばたきを止め

その羽を撫でる指さえ

がたんごとん揺れながら

時の過ぎるのを忘れている


地下鉄に乗って何処へ行こう

時の止まったような箱の中で

降りる駅はとうに過ぎてしまったかもしれない


がたんごとん揺られながら

今日も疲れた顔をした誰かと共に

幾つもの駅を越え

何時までも何処までも

地下鉄は続いている
by _kyo_kyo | 2009-07-29 02:26 | | Comments(0)