人気ブログランキング |

2010年 06月 27日 ( 1 )

思惑

難しいたくらみに囚われた子供が

己の影に怯えながら 

夕暮れ迫る街を

ただ闇雲に駆け抜けて行く


夜空から降りた不穏な月が

背後からそっと忍び寄ると 

すれ違いざまに共犯者の

青ざめた吐息を吹き掛けて行く


頭上では目まぐるしく点滅する

目玉のような信号が

けたたましいサインを

矢継ぎ早に送り続けている


一刻も早くと気ばかり焦るけれど

何処までも付き纏う己の影に眩暈すら覚え

もはや何処へも辿り着くことも叶わず

じっと立ちつくしたまま 

足元の崩れ落ちる瞬間を 

ただひたすら やり過ごせたならと願っている
by _kyo_kyo | 2010-06-27 19:37 | | Comments(0)