人気ブログランキング |

2010年 09月 23日 ( 1 )

黎明

綿飴のように包み込む優しい言葉は

何時しかぐにゃりと捻じ曲がった

飴細工のような言葉へと変貌を遂げる


いつかきっとという切なる願いは

そんな風に乱暴に捻じ曲げられ

やがては海辺に打ち上げられた流木のように

誰にも顧みられること無く打ち捨てられる


降り止まぬ雨が頬を打ち

打ちつける雨の音が耳に痛い

低く垂れ込めた波乱含みの暗雲は

やがて来るであろう

黎明を運ぶ幸運の兆し


澱んだ空を一瞬で打ち抜く

一条の閃光

あの光に打たれたくて

容赦無い光にこの身を切り裂かれたくて

目を逸らすことも出来ぬまま

心は憬れに打ち震えている
by _kyo_kyo | 2010-09-23 22:51 | | Comments(0)