人気ブログランキング |

2012年 04月 19日 ( 1 )

春は朧

柔らかな桜の花びらが

雨に打ち据えられ はらはらと散り急ぎ

失くしたものを惜しむ気持ちが

後から後から湧き上がり

最早とどまることを知らない


風雨に晒され枝を揺らしながら耐え続ける

桜の樹の無骨な姿とは対照的な

薄墨のような淡い花びらの 今年の行方を追い

想いは過去を遡り

過ぎ去りし日の記憶の中をいつまでも駆け巡る


儚く美しい一夜の夢よ

やがては散り往く人生よ

春の夜のひとときの夢が

花びらに浮かんでは泡のように消えて行く


この世はやがて終わるから美しいの

一瞬で散るからこんなにも切なく輝けるの

桜は今年もまた満開に花を開く

やがて散る花びらが

こんなにも美しいなんて

今年の桜はいつもより儚く散って行くようで

去年より少しだけ

桜を見上げる時間が長くなっていた




平成24年度 栃木県芸術祭文芸賞 応募作品
by _kyo_kyo | 2012-04-19 11:07 | | Comments(2)