人気ブログランキング |

2012年 11月 30日 ( 1 )

乞食

彼女は言った

疲れ切って眠る男に「乞食」と

平然とそう言い放った

友人達と大声で笑い合う彼女の無神経な顔に

思いきり水をかけてやりたい

水差しを手にした私は思わず立ち尽くしていた


別の男は酷く凶暴だった

真っ黒な顔にいつも目だけが異様に光り

獣のように怒った表情を浮かべては

誰彼見境い無く飛びかかろうとしては仲間に諭されていた

辛い目にしかあわなかったのかも知れない

同情はしないけれどそんな気がした

「こいつ、いつもこんな風なんでごめんね」

仲間が代わりに謝っていた

あの人達がついている間は彼もきっと大丈夫だろう


白い髭を仙人の様に伸ばした男もいた

「この人凄いんだよ、俺達の中で年金手帳持ってるのこの人だけ」

仲間が自分の事の様に自慢気に話してくれた

「見るかい」仙人に聞かれて私も笑って答えた

「本当、凄いですね」


寒さをしのぐ家も無ければ家族も持たない

いつ何処で凍え死んでもちっとも不思議では無い

けれど心の奥底では

そんな彼らに強い共感を覚えながら

少しだけ羨んでいる

「乞食」として生きる道を選ぶしかなかった彼らの人生

そんな風にしか生きられない彼らの人生

私の人生なんてまだまだずうっと甘っちょろい

そう思いながら

今夜もガードレール下で

ぼろ布の様になった体を横たえ

浅い眠りに就くであろう

彼らに思いを馳せている
by _kyo_kyo | 2012-11-30 03:09 | | Comments(4)